概要
  戸倉山(とくらやま)は、長野県駒ヶ根市と伊那市長谷との境に位置する標高1,681mで伊那富士とも呼ばれています。
  山頂(東峰)には一等三角点がおかれ、西峰には日本一高所という庚申塔、大雪で遭難した行者とオオカミ伝説の碑、摩利支天尊碑、不動明王像などが鎮座しており、地元と密接に結びつき愛されている霊峰であることを物語っています。山頂からは北、南のアルプスの山々が望めます。

  今回の山歩きは、戸倉山キャンプ場から山頂往復のコースを歩いてきました。

山行き日
 2011年7月17日



                 登山コース  コース縦断  山頂ビデオ(ISDN)  山頂ビデオ(BrodBand)

    
 54枚の写真をスライドショウ


戸倉山キャンプ場駐車場
4時50分、自宅を出発、途中同好者を乗せて豊田東ICから入り、東海環状自動車道、中央自動車道で駒ヶ根ICで下り、8時45分頃駐車場に着きました。










9:00 登山口
     戸倉山キャンプ場入り口から山頂を
     目指します。





9:25 休憩所
     カラマツ林の山道を20分程歩きます
     と休憩所に着きます。




9:35 馬止の松
     「馬止の松」は、昔、村人が山に柴
     刈りや薪拾いに言った時に馬をつ
     なぎ止める目印だった松と言われ
     ています。






9:57 5合目
     ジグザグに登り、しばらく歩くと、5合
     目の標識があります。ここからは1合
     目ごとに標識があります。
     途中、10分程小休止しました。





10:17 6合目





10:24 猿の松






10:25 天狗伝説の岩
      天狗が岩になったと言われています。

10:30 7合目
10:37 金名水
      東屋があります。



10:43 8合目


10:56 9合目

11:02 西峰山頂
      日本一高所という庚申塔、大雪で
      遭難した行者とオオカミ伝説の碑、
      摩利支天尊碑、不動明王像などが
      鎮座されています。

11:02 西峰山頂からの眺望
      中央アルプス、北アルプスが眺望
      できます。
      
      10分程小休止。



11:13 避難小屋
11:17 東峰山頂
      一等三角点と薬師如来像が建立
      されています。
11:17 東峰山頂からの眺望
      南アルプスが眺望できます。
山頂 東峰
  1時間程、昼食休憩し13時45分登山口に下山しました。
  高速道路は渋滞もなく、計画より1時間程早く帰宅できました。

  平地では30度を超す暑さでしたが、山頂では南アルプスを望み涼風の中で一時を過ごし、癒された山歩きでした。
  歩き易い山道で、春先の山歩きもお薦めします。

                                                               このページのトップへ