概要

 真富士山は、安倍川沿いに南北にのびる安部東山稜でその中のひとつに真富士山があります。真富士山は第一(標高1、343m)と第二(標高1、401m)の二つの分かれていてそれらを総称して真富士山と呼ばれています。静岡県静岡市葵区平野に位置しています。
 山頂からは富士山が望め、尾根からは南アルプスが望めます。登山道には石仏が鎮座しています。

 今回の山行きは、第三登山口からヲイ平〜第二真富士山〜第一真富士山〜ヲイ平を周回してきました。

山行き日

 2013年5月9日

                              

                   コース縦断  眺望ビデオ(ISDN)  眺望ビデオ(BrodBand)

 
    
122枚の写真をスライドショウ)

登り口を地図で示します


 

全画面表示

新東名静岡SA

自宅を5時10分頃出発し、東名豊川ICから入り、途中で新東名静岡SAで小休止をして新静岡ICで下り、県道27号、県道29号で平野まで行き、黒部沢沿いに林道を5km程走ります。登り口に7時50分頃着きました。

林道

舗装道路です。平野から真富士山まで石仏が鎮座しています。
真富士山を望む

林道からの眺望。

左端が第二真富士山、右手奥が第一真富士山。
8:10 登り口

林道余地に駐車して、山頂を目指して南へ歩きます。
8:11 登山口(第三登山口)

直ぐに登山口です。案内図と石仏が鎮座しています。
8:16 山道1

植林帯を歩きます。急登していきます。

8:28 山道2

石仏が鎮座しています。

石仏の横には歌が読まれています。

8:37 山道3

崩落箇所を通ります。
8:47 山道4

沢へ下ります。

9:13 山道5

沢沿いに歩きます。

9:35 ヲイ平

石仏と標識があります。

左方向(東)へ第二真富士山を目指します。

9:46 山道6

植林帯の登山道を歩き、尾根を目指します。
10:02 山道7

真富士峠に着きます。

左折して第二真富士山を目指します。

10:03 山道8

痩せ尾根です。注意して歩きます。

10:16 イワカガミ

イワカガミが群生しています。

  10:26  山道9

急登なループしている岩場です。難所です。

  10:35 眺望1

北北西方向に冠雪した南アルプスが望めます。

10:41 山道10

コバイケイソウの登山道です。
10:52 第二真富士山

石仏と標識、二等三角点があります。

昼食して、11時30分頃折り返して第一真富士山へ向かいました。



眺望2
北東方向に富士山が望めました。裾野は霞んでいました。

12:32 山道11

凹れた登山道です。
  12:45 第一真富士山

石碑と標識があります。

北東に富士山が望めました。(赤丸)

13時4分頃、南西へヲイ平を目指します。

 

眺望3
南東方向に新東名、奥に駿河湾が望めました。

  13:06 山道12

案内図を良く確認して下ります。

  13:16 山道13

尾根分岐を右折します。直進しますと真富士神社が祀られています。

標識があります。
  13:19 山道14

狭い道幅の登山道をトラバースして下ります。

  13:36 山道15

石仏の代わりに石仏の額が祀られ、横に「聖人の 安らかなれと 野佛は 苔に埋もれ 雨に濡れつゝ 」と読まれていました。

  14:14 ヲイ平

往路を辿り、15時10分頃登り口に戻りました。

15時20分頃帰路につきました。
  新東名浜松SA

快晴の山歩き日和で、富士山や南アルプスを眺望し、イワカガミや新緑の山道を楽しく歩けました。

途中、浜松SAで夕食し19時50分頃無事帰宅しました。



                総運転距離 285km

                                                               このページのトップへ