山行き日 2017年 11月3日~5日  

 大峰山(おおみねさん)は、奈良県の南部にある山で、現在では広義には大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳(さんじょうがたけ)をさしています。八経ヶ岳(はっきょうがたけ)は紀伊山地の一角として奈良県吉野郡天川村と上北山村の境に位置する山です。標高1,915 mで、奈良県および近畿地方の最高峰です。八剣山(はちけんざん)とも呼ばれるほか、役行者が法華経八巻を埋納したと伝わることから仏経ヶ岳(ぶっきょうがたけ)とも呼ばれています。

 一丸旅館に宿泊して、行者還トンネル西口駐車場から登山して、弥山小屋に泊り八経ヶ岳に登って下山しました。



<登り口案内図>
     
大きい地図 

 
 
 ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)





一丸旅館

 自宅を6時30分頃て、東名豊川ICで高速道路に入り新名神高速道路経由で奈良県吉野郡天川村の一丸旅館に15時頃着きました。
 洞川温泉周辺を散策して、大峰山を遠望しました。

 翌朝、登り口に向かいました。

8:31 登り口

行者還トンネル西口の有料駐車場(1000円/1日)から弥山を目指します。

8:40 登山口

登山口から登山道に入ります。

8:47 登山道1

木製の吊り橋を渡ります。

9:28 登山道2

尾根道を急登します。

9:59 登山道3

木梯子を登ります。

10:34 出合

稜線に出合ます。
道標があります。

奥駆出合です。

10:48 登山道4

稜線を歩きます。

11:40 弁天の森

三角点と道標があります。

石休の宿跡です。

12:16 登山道5

稜線を歩きます。

12:24 聖宝の宿
 
聖宝の宿跡です。

13:02 登山道6

稜線を登ります。

13:24 登山道7

木階段を登ります。

13:44 登山道8

木梯子を登ります。

14:03 弥山

大峰「弥山」の標識があります。

弥山小屋があります。
(一泊しました。)





14:36 弥山山頂 

弥山神社があります。


弥山からのご来光



霧氷


7:03 登山道9

翌朝、八経ヶ岳を目指します。

7:13 登山道10

霧氷が綺麗でした。

7:34 八経ヶ岳山頂

標識と三角点があります。


八経ヶ岳山頂からの眺望


13:13 登り口

山頂を7時50分頃下山して、無事に登り口に戻りました。

天の川温泉センター

天の川温泉センターで汗を流して0時10分頃無事帰宅しました。
(紅葉まつりや三連休最後の日のため、道路は大渋滞していました。)

天候の関係で弥山小屋泊り、翌朝に八経ヶ岳を登りましたが、紅葉と霧氷が見れ秋山と冬山を楽しむことができました。


             総運転距離 654.5km
   
 

                                                               このページのトップへ