山行き日 2017年 12月2日~3日  

 三つ峠(みつとうげ)は、山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある標高1,785mの山です。峠ではありません。
 開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の3つの頂上の総称でありますが、最高峰である開運山を目指します。
 山頂からは眺望に恵まれ、富士山、御坂山地、南アルプスが一望できます。日本二百名山、都留市二十一秀峰に選定されています。

河口湖駅からバスで三ツ峠入口まで行き、三ツ峠を周回して、三ツ峠山荘に宿泊し、三つ峠駅まで下り、電車で登り口に戻りました。

<登り口案内図>
     
大きい地図 

 
 
 ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)





登り口(河口湖駅駐車場)
 

自宅を5時ごろ出発して、東名豊川ICで高速道路に入り新東名高速道路経由で御殿場ICで下りて河口湖駅駐車場に9時頃着きました。

 
バス乗り場

河口湖駅前5番乗場から9時40分発のバスに乗車して三ツ峠入口に向かいました。

10:13 三ツ峠入口 

バスは10時10分頃着きました。
三ツ峠を目指します。

10:29 三ツ峠登山口 

道標と案内板があります。
広い登山道を登ります。


10:45 登山道1 

前方に三ツ峠が望めます。

11:14 登山道2 

ベンチがあります。昼食しました。

12:10 登山道3 

霜柱がある広い登山道を歩きます。

12:22 登山道4

前方に三ツ峠山荘が見えます。


12:30 三ツ峠山荘 

三ツ峠山荘前を歩きます。

富士山は雲に隠れて望めませんでした。

12:33 木無山 

三ツ峠の一つ木無山に着きました。案内板があります。

12:38 登山道5 

開運山を目指します。


12:50 三ツ峠山頂(開運山) 

三ツ峠山頂に着きました。

秩父の山々、遠くに南アルプスが望めます。

折り返して御巣鷹山を目指します。


山頂からの眺望


13:23 登山道6 

稜線に出合ます。道標があります。

13:33 御巣鷹山

御巣鷹山山頂です。無線塔が建っています。

折り返して、稜線沿いに開運山に登り三ツ峠山荘に戻りました。


14:23 三ツ峠山荘 

今日は三ツ峠山荘に宿泊しました。

翌日は7時に下山をしました。



三ツ峠山荘からの富士山とご来光


7:12 登山道7 

急な登山道を下ります。

7:27 登山道8 

屏風岩に大きなつつらがありました。

7:44 神鈴権現社 

登山道の奥に神鈴権現社が祀られています。

7:48 一字一石供養塔 

一字一石供養塔の前を歩きます。


7:55 愛宕尊 

愛宕尊の前を歩きます。


8:04 秩父三十四カ所御詠歌文字塔

秩父三十四所御詠歌文字塔の前を歩きます。


秩父三十四所御詠歌文字塔の前からの眺望


8:14 八十八躰供養塔 

八十八躰供養塔の前を歩きます。

 
8:16 空胎上人の墓 

空胎上人の墓の前を歩きます。
 
8:26 不二石 

不二石の前を歩きます。
 
8:54 愛染明王塔 

愛染明王塔の前を歩きます。
 
9:11 登山道9 

急な登山道を下ります。

 
9:24 馬返し

馬返しの前を歩きます。

 
9:46 股のぞき

股のぞきです。
ベンチがあります。

 
10:38 達磨石 

達磨石の前を歩きます。
 
11:28 道路1 

舗装道路を下ります。

 
11:52 道路2 

グリーンセンター前を下ります。
 

道路から三ツ峠を望む

 
12:16 三つ峠駅 

12時50分発の電車に乗りました。

 
13:17 河口湖駅 

河口湖駅に着きました。

 
13:22 登り口(河口湖駅駐車場)

無事に登り口に戻りました。 

13時30分頃、山中湖温泉 紅富士の湯に向かいました。

 
14:01 紅富士の湯 

紅富士の湯で汗を流して、19時30分頃無事帰宅しました。

土曜日は富士山は山から見えませんでしたが、日曜日は快晴で富士山が眼前に見え、富士山を見ながら楽しく下りてきました。

               総運転距離 451.9km
   
   
 

                                                               このページのトップへ