山行き日 2020年3月7日

 
 高賀山(こうがさん、こうかさん)は、岐阜県郡上市と関市にまたがる越美山地東部の標高1,224 mの山です。濃尾平野最北の長良川中流域に位置し、別称が「高賀嶽」と呼ばれています。
 奈良時代(養老年間)に建てられた高賀神社が山頂の2.5 km南南東の麓の洞戸地区にあり、古くから山岳信仰の山として知られています。山名は藤原高光が隣の瓢ヶ岳に出没して里人を苦しめた魔物を退治した伝説での「秀でて高き故まためでたい」という意味に由来します。江戸時代に高賀神社には円空が登拝し多くの円空仏を残し、円空ゆかりの地として「関市洞戸円空記念館」が併設されています。麓の高賀神社の大鳥居から高賀山を望むことができます。高賀神社から高賀川上流側の宮下林道沿いに「高賀の森公園」が整備されています。ぎふ百山のひとつです。
 山頂からの眺望は素晴らしく、能郷白山、白山、乗鞍岳、御嶽山等が望めます。

 「高賀の森公園」の駐車場から登山してきました。


詳細はヤマレコを参照してください。
  

<登り口案内図>
 
大きい地図 

 

 ヤマレコへリンクします。 (外部サイト) 





7:42 登り口

自宅を5時頃出発して、東名豊川ICで高速道路に入り、美濃ICで下り、登り口に7時30分頃着きました。

「高賀の森公園」の駐車場から山頂を目指します。

8:15 林道出合

林道に出合ます。

8:41 七曲

案内板があります。

9:02 登山道1

岩混じりの登山道を登ります。

9:32 岩屋

案内板があります。

9:59 登山道2

石段を登ります。

10:31 登山道3

雪が薄く積もっていました。

10:33 御坂峠

道標があります。


10:59 登山道4

稜線の登山道を登ります。

11:16 山頂

山頂標識と一等三角点があります。

360度のパノラマが眺望できます。

食事をして12時15分頃下山しました。

15:10 登り口

登り口に無事戻りました。

山頂から能郷白山、白山、乗鞍岳、御嶽山などの山を望めて、楽しくて歩いてきました。

帰路は往路で帰り、途中で夕食して18時20分頃無事帰宅しました。

 
              運転総距離 312km
 

                                                               このページのトップへ