山行き日 2019年5月1日 

 金剛山(こんごうさん)は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境目にある山で、かつては高間山・高天山(たかまやま)や葛城嶺(かづらきのみね)といわれていました。金剛山地の主峰です。日本二百名山の一つに数えられています。
標高1,125m。最高地点は葛木岳(かつらぎたけ)といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされています。

 水越峠からダイヤモンドトレールで歩いてきました。

詳細はヤマレコを参照してください。
  

<登り口案内図>
 
大きい地図 

 

 ヤマレコへリンクします。 (外部サイト) 





かなん道の駅

自宅を9時頃出発して、東名豊川ICに入り新東名経由で18時頃かなん道の駅に着き、車中泊して4時30分頃出発して、途中のコンビニで朝食して登り口に向かいました。

7:50 登り口

駐車場は満車状態でした。

登山準備して山頂を目指します。

8:02 道路

林道入口から山頂を目指します。

8:19 林道1

舗装された林道を歩きます。

8:39 林道2

ダイヤモンドトレールの標識があります。

8:51 登山口

道標があります。

9:02 登山道1

植林帯の登山道を登ります。

9:17 登山道2

稜線分岐に着きます。

道標があります。

北東方向の眺望があります。



9:34 登山道3

植林帯の登山道を登ります。

9:48 登山道4

植林帯の登山道を登ります。

10:01 登山道5

登山道を急登します。

10:19 登山道6

葛木神社を目指します。

10:36 葛木神社

金剛山頂の標識があります。

10:52 山頂

山頂標識と時計があります。

北西方向の眺望があります。

昼食して11時40分頃下山しました。



14:09 登り口

無事に登り口に戻ってきました。

天気に恵まれ、楽しく歩いてきました。

天然温泉 ゆの里

天然温泉「ゆの里」で汗を流して、今日の車中泊の道の駅 柿の郷くどやま に向かいました。

明日は伯母子岳を登ります。
   
   
 

                                                               このページのトップへ