山行き日 2017年 8月27日~29日  

 甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山です。峻険な山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰で、日本百名山です。

 2011年に仙丈ケ岳を登った時に、対峙している甲斐駒ヶ岳を魅了に感じていましたが、今回北沢峠から仙水小屋で一泊して仙水峠経由で登り、帰路は双児山経由で下山しました。駒津峰からは富士山も眺望できましたが、山頂に登った時はガスが発生して眺望はありませんでした。
しかし、白砂の登山道を歩き日本アルプス屈指の名峰を楽しく歩いてきました。

 GPSの電池を仙水小屋で取替しましたが、途中で電池切れしたので、コース図は作図してあります。

<登り口案内図>
     
大きい地図 

 
 
 ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)




仙流荘駐車場

自宅を6時30分頃出発して、東名豊川ICで高速道路に入り中央道伊那ICで出って11時20分頃仙流荘駐車場に着き、昼食をして12時10分発のシャトルバスで登り口の北沢峠へ向かいました。

駐車場は満車状態でした。

15:23 登り口

シャトルバスは13時5分頃北沢峠に着きました。

付近を散策して15時23分頃仙水小屋に向かいました。



15:28 登山道1

道標に従い林道から登山道に入ります。

15:34 長衛小屋

大勢の人がテントを張っていました。

15:54 登山道2

沢を渡ります。

16:12 仙水小屋

プレハブ作りの仙水小屋に着きました。
予約していないと泊まれません。

夕食は外での食事です。

4:26 仙水小屋

暗い中、甲斐駒ヶ岳を目指します。

5:11 登山道3

明るくなってきました。

岩場の登山道を登ります。

5:24 仙水峠

仙水峠からのご来光せす。


甲斐駒ヶ岳山頂を望めます。


5:58 登山道4

岩石混じりの登山道を急登します。
   
6:50 登山道5

前方に駒津峰が望めます。

8:00 駒津峰

大勢の人が小休止しています。


駒津峰からの眺望です。


9:34 登山道6

駒ヶ岳8合目付近から山頂を望めます。

巻道で登ります。

巻道も岩越え等難儀な個所があります。

10:43 登山道7

摩利支天への分岐です。

11:09 登山道8

滑り易い登山道を登ります。

11:30 登山道9

花崗岩の岩場を登ります。

11:40 山頂

山頂標識と三角点、祠があります。

ガスが発生し、眺望はありません。

昼食をして、12時5分頃下山しました。

14:38 登山道10

ハイマツの歩き易い登山道を下ります。

15:38 双児山

双児山の標識があります。


双児山からの眺望です。


18:07 登り口

下山予定を大幅に遅れて無事登り口の戻りました。

こもれび山荘に一泊して、7時20分のシャトルバスで仙流荘駐車場に戻り、13時30分頃無事帰宅しました。

              運転総距離 470km
   
 

                                                               このページのトップへ