概要

 蔵王山(ざおうさん)は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈において、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する蔵王連峰で、主峰は山形県側に位置する熊野岳(1,841m)です。
 玄武岩、安山岩の成層火山群の活火山であり、常時観測対象の47火山に含まれ、火口湖の御釜や噴気口が見られ(いずれも宮城県側)、火山の恩恵である温泉が両県の裾野に数多く存在し、スキー場も多く設置されています。

 今回の山行きは、東北の百名山4座(月山蔵王山安達太良山西吾妻山)を計画し、台風18号、19号が去った9月13日~18日の五泊六日の山旅をしました。最初の山歩きは一番北にある月山を歩きました。
 2座目の蔵王山は、蔵王山麓駅からロープウエイで地蔵山頂駅まで登り地蔵山経由で熊野岳、お釜を周回してきました。 エメラルドグリーンのお釜の湖面が印象に残りました。
 登山後、蔵王温泉で汗を流した後、3座目の安達太良山へ向かうため東北自動車国見SAで車中泊しました。

山行き日
 2015年9月15日  


                            登山コース    コース縦断


 
    
67枚の写真をスライドショウします。        (外部サイト)

ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)

 登り口を地図で示 します


山形蔵王温泉宿泊旅館

山形蔵王温泉吉田屋(ロープウエイの割引券(呈茶券付)と入浴券をいただきました。)を8時20分頃出発し、途中コンビニで昼食を購入し蔵王山麓駅へ向かいました。
蔵王山麓駅

8時35分頃蔵王山麓駅駐車場に着き、支度をして、蔵王ロープウエイ山麓線に乗りました。
蔵王ロープウエイ

樹氷高原駅で蔵王ロープウエイ山頂線に乗換えて地蔵山頂駅に着きます。
9:11 登り口

地蔵山頂駅を降りると前に開運の鐘があります。

熊野岳山頂を目指します。



9:14 蔵王地蔵尊

案内板があります。

地蔵山が望めます。
9:18 登山道1

往路は地蔵山経由で歩きます。

火山の注意看板が立っています。

一昨日の阿蘇山の噴火が頭をよぎります。
9:27 登山道2

一直線の石積みの登山道を登ります。
9:30 地蔵山

標識柱が建っています。

標高 1736m。


地蔵山頂駅を見下ろします。奥に三宝荒神山が望めます。

9:39 登山道3

木道に沿って木棒が建っており、登山道が分かり易いです。

前方に熊野岳山頂が望めます。
9:44 登山道4

ワサ小屋跡です。
9:52 ヤマンバさま

案内板があります。
10:16 登山道5

石積みの登山道を登ります。
10:23 熊野十字路

稜線に着きます。奥に避難小屋があります。

避難小屋で小休止しました。

稜線を右方向へ歩きます。
10:39 登山道6

草木が生えていない稜線を歩きます。
10:45 登山道7

蔵王山神社の鳥居をくぐります。
10:47  蔵王山神社

石積みの塀に囲まれた中に社殿が祀られています。
10:48 熊野岳山頂

標識、三角点と斎藤茂吉の歌碑があります。

10:55 登山道8

道標に従いお釜を目指します。
11:05 登山道9

ガラ場の登山道です。
11:13 登山道10

馬の背です。お釜と前方に刈田岳が望めます。


お釜、五色岳を望みます。

11:27 登山道11

前方に避難小屋を目指します。
12:37 登山道12

右方向に山腹の登山道を歩きます。
12:41 登山道13

木道を歩きます。前方は地蔵岳です。
12:51 登山道14

前方に三宝荒神山が望めます。
12:57 登り口

地蔵山頂駅に戻ってきました。

呈茶券でコーヒーとコンニャクだんごを食べました。

蔵王ロープウエイ

蔵王温泉街が望めます。
蔵王山麓駅駐車場

13時40分頃駐車場に戻り、汗を流しに蔵王温泉へ向かいました。


蔵王温泉共同浴場

宿泊旅館の蔵王温泉サービス券で汗を流しました。

3座目の安達太良山へ向かうため東北自動車国見SAへ向かいました。

東北自動車国見SA

16時頃到着して車中泊をしました。

明日は安達太良山を歩きます。

                                                               このページのトップへ