*
焼松山頂
2008.10.18山行
2017. 3.12山行

1 焼松(やけまつ)の概要
  焼松(標高:803.7m)は、北設楽郡設楽町の南、三都橋の栗島川支流の落目川の北に位置しています。この山は国土地理院発行の地形図に名前がありません。全山、杉や桧などの植林がされていますが、ミズナラ、アセビ、シロモジなどの自然林も多いです。眺望はありません。
  当サイトは、直接山頂へ登る標準コースと直下りと直登りのある周コースを紹介しています。周コースは、踏み跡が浅いところや赤テープの目印が途切れているところもありますので、地図とコンパスの携行をお薦めします。




 2017.3.12の記録はヤマレコでご覧ください。   
16枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
    
ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、国道257号、国道420号、県道365号、町道145号で1時間10分程です。登り口は、小さな落目ダム湖を過ぎて、大きくカーブした右側です。駐車スペース(車1台)は30m程西の左側にあります。


(2)登り口〜山頂(標準コース)
  登り口から、山道を北に進みます。(踏み跡と赤テープの目印があります。)やがて北東の方向に踏み跡は続きます。登り口から20分程の分岐で北に進むと直に作業路に出合います。(分岐をそのまま進むと周コースとなります。)作業路に出て、向かいの尾根の山道を進みます。20分程進みますと山頂です。登り口から40分程です。三都橋三等三角点がありますが眺望はありません。
  帰路は往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧

(3)登り口〜山頂〜登り口(周コース)
   登り口から、山道を北に進みます。(踏み跡と赤テープの目印があります。)やがて北東の方向に踏み跡は続きます。登り口から20分程の分岐をそのまま進み(北東)5分程で小ピークにでます。東方向に進みますと直に急下がりし沢に出ます。沢を渡り北東方向に急登します。小ピークから20分程で作業路に出合ますので左折して作業路をしばらく歩きます。15分程(A地点付近)で北方向を仰ぎ見ますと尾根が見えます。尾根まで登り(5分程)右折すると直に山頂です。登り口から65分程です。三等三角点がありますが眺望はありません。
   帰路は山頂から戻り、尾根沿いに作業路まで進み、作業路の向かいの尾根に渡り進みますと直に分岐に出ます。以降は往路を戻ります。

・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 小ピーク 沢渡り 作業路出合 山頂 作業路出合 登り口 作業路出合 山頂