*
上の浅間山山頂
2008.02.25山行

1 上の浅間山(かみのせんげんざん)・下の浅間山(しものせんげんざん)の概要
  上の浅間山(標高:519m)と下の浅間山(標高:479m)は、愛知県と静岡県の県境(八名弓張山地)の山吉田に位置しており、県境の稜線上にはこの他にも阿寺の浅間山、嵩山の浅間山などがあります。富士山には、「富士山本宮浅間神社」がありますが、県境付近に点在する浅間山はこの神社を拝礼できる富士山信仰の山と名付けられたのかもしれないとも言われています。上の浅間山山頂には石の祠が12基鎮座されており北東の木々の間から眺望がありますが、下の浅間山山頂は眺望はありません。
  当サイトは、観音橋登り口から上の浅間山、下の浅間山、さらに下にあります474mピークまでの折返しコースを紹介していますが、眺望はあまり期待できません。


 
43枚の写真をスライドショウ
 




2 コースの内容

(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道381号、県道81号、国道257号で40分程です。登り口は、道の駅「鳳来三河三石」の東方1km程の国道257号に架かる「観音橋」の手前から南に畔道を80m程歩きますと、植林された杉林の入口に「浅間山」と書かれた白い札がぶらさがっています。
  駐車スペースは、観音橋の300m程手前(西)のバス停の横にあります。



(2)登り口〜上の浅間山山頂〜下の浅間山山頂〜474mピーク
  登り口から杉林を歩きます。20分程歩きますと林道に出ます。左折して5分程歩きますと標識があります。振り返りますと眺望があります。10分程歩きますと分岐1に出ます。右折して直に登山口に着きます。登山口には目印のテープが木に巻き付けてあります。数分ほど歩きますと尾根出合に出ます。左折し5分程で分岐2に着きます。直進して10分ほどで上の浅間山山頂です。石の祠が12基鎮座されており北東の木々の間から眺望があります。
  下の浅間山を目指して尾根道1を歩きます。ガイドブック(2003年3月踏査)には愛知県側の眺望が素晴らしいとありましたが、植樹が3m程延び眺望はありません。15分程で分岐3、さらに5分程で分岐4に出ます。そして5分程で下の浅間山山頂に着きます。ここは、山名を書いた札が木に巻き付けてあるだけで眺望はありません。
  黒松峠を目指して進みます。5分程歩きますと木々の間から眺望ができるところに出ます。10分程歩きますと分岐5、さらに5分程歩きますと黒松峠に着きます。
  474mピークを目指して尾根道2を歩きます。10分程で474mピークに着きます。山頂には三角点があり、木々の間から少し眺望があります。
  帰路は来た道を戻ります。

                                             3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 杉林 林道出合1 標識1 眺望1 分岐1 登山口 尾根出合 分岐2 上の浅間山 尾根道1 分岐3 分岐4 下の浅間山 眺望2 分岐5 黒松峠 尾根道2 474mピーク