概要
 丹沢山(たんざわさん・たんざわやま)は、丹沢山地の丹沢主脈にある標高1,567.1mの山で、神奈川県相模原市緑区と愛甲郡清川村、足柄上郡山北町の境界に位置し、周辺の山々と共に丹沢大山国定公園に指定されています。
 山頂からは、富士山や関東の山々が眺望できます。一等三角点があります。
 今回の山行きは、山小屋一泊のヤビツ峠から塔ノ岳(とうのだけ標高1,490.9m)、丹沢山、蛭ケ岳(ひるがたけ標高1,672.7m)の表尾根縦走コースで天候に恵まれて眺望を堪能しながらの山歩きでした。

山行き日
 2012年4月27日〜30日



                          登山コース  コース縦断

                  蛭ケ岳ビデオ(ISDN)  蛭ケ岳ビデオ(BrodBand)

    
 150枚の写真をスライドショウ

登り口を地図で示します



新東名高速道路

連休の28日、29日の天気予報は太陽マークが出ていましたので、27日(金)13時20分自宅を出発、東名豊川ICに入り、開通したばかりの新東名で目的地に向かいました。
カーブや高低差も緩やかで道路幅も3車線分の広さで運転のし易い道路でした。
各所で大事故が多発していますので、安全運転に心掛けています。

写真はドライブレコーダーの画像です。
新東名駿河湾沼津SA

新東名静岡SAで休憩し、16時9分新東名駿河湾沼津SAに着き、夕食をしました。
SAはどこも満車、混雑でした。

17時40分出発。
東名中井PA

18時17分到着、車中泊しました。

総運転距離 221.4km
ヤビツ峠

東名中井PAを28日4時20分出発、ヤビツ峠に4時55分到着しました。

朝、早いためか駐車場には4台駐車していました。
5:48 登り口

丹沢山を目指して、県道を北西へ下ります。

6:11 富士見山荘

富士見山荘前の分岐を左折します。

6:17 登山口

登山口の標識があるところから山道へ登ります。

6:32 山道1

菩提峠からの分岐です。
6:50 山道2

ヤビツ峠から2.5km、三ノ塔へ1.3km地点。
7:16 山道3

雲海の中、大山方向を望む。
7:30 二ノ塔

二ノ塔山頂にはベンチがあり、休憩するのに最適です。二ノ塔山頂からは次の目標、三ノ塔を間近に見ることができます。


7:36 眺望1
7:46 山道4

木製階段で急登します。
7:58 三ノ塔

三ノ塔の山頂は広く、休憩するのに最適です。眺望も優れており、塔ノ岳方面の表尾根の稜線、すぐ近くに見える二ノ塔、南側には秦野市街など一望できます。
山頂には緊急時のために避難小屋もあります。

・標高 1205.2m

8:20 山道5

急下りの尾根道、富士山が望めます。
8:51 山道6

ヤセ尾根の鞍部。
9:02 烏尾山

烏尾山からは三ノ塔尾根越しに秦野市内を一望でき、三ノ塔や塔ノ岳などの表尾根の山並みも楽しめます。
烏尾山という名前の由来は、この山で修行をしていた修験者が、修行の最中に飛来したカラスに修行成就への加護を祈念したためと言われています。

・標高 約1136m
9:44 行者岳

行者岳の山頂は狭く、多数での休憩には不向きです。

・標高 1209m

10:07 クサリ場

最大の難所、帰路の時大渋滞でした。
10:23 山道7

崩落した尾根、木橋で山道が確保されています。

11:05 新大日

新大日の山頂は広く、ベンチもあります。
新大日という名前は、昔、ここに大日如来像が安置されたことに由来していると言われています。

・標高 約1340m
11:40 山道8

塔ノ岳の山小屋がまじかに望めます。

12:01 塔ノ岳山頂

表丹沢で1番人気の山で、尊仏山(孫仏山)とも言われています。
山名は、かつて山頂にあった巨石「尊仏岩」が「お塔」言われ、雨乞いの神として地元の人々に親しまれたことによると言われています。

・標高 1490.9m

眺望2

蛭ケ岳が望めます。

昼食後12時54分丹沢山へ向けて出発しました。
13:12 山道9

ヤセ尾根の鞍部。

13:53 竜ケ馬場

付近は笹原が広がっています。東側は木立が無いため展望がよく、大山や関東平野が望めます。
14:02 山道10

丹沢山が望めます。
14:24 丹沢山山頂

眺望が良く、一等三角点があります。
みやま山荘

今回の宿泊山小屋。
16:00 夕食

連休で30人定員のところ90人が泊まるため、食事は4回転。

早くチェックインしたため、一番グループで食事をしました。美味しかったです。
宿泊場所

定員の3倍宿泊のため、シングル布団1枚に3人が寝ました。

寝起きはおろか寝返もできませんでした。

午後8時30分消灯。
4:59 ご来光

東方面は樹林があるため、眺望がきかない。
 
5:00 朝食

朝食後、荷物を山小屋に預け、29日5時50分に蛭ケ岳へ出発しました。
5:29 眺望3

丹沢山山頂から朝の富士山を望む。
6:04 山道11

急下りし、急登します。
6:30 不動ノ峰休憩所

不動ノ峰(ふどうのみね)は丹沢山と蛭ヶ岳の間にあり、丹沢山地で蛭ヶ岳に次ぎ2番目に高い山(標高1,614m)です。
奈良時代に丹沢を開山した山岳仏教徒が修行の道場とした事から、不動像を祭り仏教用語で「不動ノ峰」と名付けられたと言われています。
7:14 鬼ケ岩

鬼の角のような岩「鬼ヶ岩」がそびえ立っており、鬼ヶ岩の間から富士山や雄大な蛭ヶ岳の山体を望むことができます。
7:14 山道12

鬼ケ岩から蛭ケ岳を望む。
7:58 蛭ケ岳山頂

蛭ヶ岳は丹沢山地中央部にある標高1,672.7 mの山です。丹沢山地の最高峰であり神奈川県の最高峰でもあります。
360度のパノラマです。

8時11分丹沢山へ戻りました。
9:33 山道13

北側斜面に残雪がありました。
10:25 丹沢山山頂

預けた荷物を受け取り塔ノ岳へ向かいました。
11:41 塔ノ岳山頂

山頂は大勢の人が食事をしていました。

山小屋の五目寿司の弁当を食べました。

12時31分、登り口に向かい、17時29分に無事下山しました。
中井PA

秦野市の湯花楽で汗を流し、中井PAで車中泊し、翌日の30日5時40分自宅に向かい、10時37分無事帰宅しました。
総運転距離 487.4km

天気に恵まれ、富士山眺望三昧の山歩きでした。1枚の布団に3人で寝ることになりましたが、想い出に残る山歩きでした。
   

                                                               このページのトップへ