*
瀬戸岩
2008.9.28山行

1 棚山(たなやま)・宇連山(うれやま)の概要
  棚山(標高:760m)は、新城市副川に位置し宇連山と鳳来寺山の間にあります緩やかで穏やかな高原地帯です。東海自然歩道も通っています。宇連山(標高:929.4m)は棚山の北東に位置しています。詳細は、宇連山のページを参照下さい。
  当サイトは、林道棚山線のゲート右から棚山〜宇連山〜西ルートの周遊コースを紹介しています。
  林道棚山線の大部分は舗装されていますが、2カ所で大きく損傷しており、また、未舗装箇所もありますので2WBの場合は注意する必要があります。所々に落石もありますので慎重な運転が望まれます。

  ・愛知県民の森からの宇連山のコースは、こちらのページへ
  ・愛知県民の森からの北尾根経由のコースは、こちらからのページへ
  ・鳳来寺山から瀬戸岩までのコースは、こちらのページへ
  ・仏坂峠から宇連山のコースは、こちらのページへ
  ・愛知県民の森からの南尾根経由のコースは、こちらからのページへ




    
51枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道21号、県道32号、林道棚山線で1時間程で登り口に着きます。
  県道32号線の海老から林道棚山線をゲートまで進みます。ゲート手前に駐車スペースがあり、ゲートの右手に登り口(東海自然歩道の登り口の標識があります。)があります。
  林道棚山線の途中にお猿の顔に似た猿ケ岩があります。大きな蜂の巣が目にあり名勝の岩です。




(2)登り口〜棚山〜宇連山〜登り口
  登り口から登山道を10分程進みますと木橋に着きます。さらに10分程進みますと左手にバンガロー村の廃墟が現れます。直に東海自然歩道の宇連山登山コースの分岐に着きます。直進して10分程進みますと瀬戸岩への分岐に着きます。右方向に進みますと直に瀬戸岩に着きます。眺望が良いです。
  瀬戸岩分岐まで戻り5分程で棚山への分岐に着きます。左折して、笹のある登山道を進みます。15分程歩きますと棚山の山頂です。山頂での眺望はありません。
  山頂から宇連山を目指して尾根を進みます。途中、眺望の良い岩場1岩場2に出ます。棚山山頂からアップ、ダウンを繰り返して1時間10分程で尾根分岐に着きます。左折して20分程で県民の森からのコースに出ます。左折して10分程で眺望の良い岩場3に出ます。15分程歩きますと宇連山山頂です。宇礼山二等三角点があります。登り口から2時間50分程です。山頂は、東屋やベンチがあり東方の岩場からの眺望は良いです。
  帰路は、往路の反対の道を北東に進みます。5分程で東海自然歩道分岐2に着きます。左折して東海自然歩道を進みます。道標が整備されています。45分程進みますと林道1に出合ます。左方向に5分程進み、右方向に東海自然歩道を進みます。15分程歩きますと再度林道2に出合ます。右折して林道を下ります。直に林道の曲がり箇所に着きます。東海自然歩道は直進ですが、登り口は林道に沿って右方向に進みます。30分程下るとゲートに出て登り口に着きます。宇連山頂から1時間40分程です。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 木橋 バンガロー村の廃墟 東海自然歩道分岐1 瀬戸岩分岐 瀬戸岩 棚山分岐 棚山山頂 岩場の眺望1 岩場の眺望2 尾根分岐 コース分岐 岩場の眺望3 宇連山山頂 山頂の眺望 東海自然歩道分岐2 道標 林道出合1 東海自然歩道分岐3 林道出合2 林道曲り 林道ゲート 猿ケ岩 道路損傷箇所