*
  麓から山頂を望む
  2008.6.17山行

1 水晶山(すいしょうざん)の概要
  水晶山(標高:779.8m)は、豊田市稲武町の西南の小田木地区の西部に位置しています。山頂での眺望はありません。昔は水晶が出る山としてにぎわっていたそうですが、今は面影はありません。雑木林の残る静かな山です。

    
15枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、国道257号、国道153号で2時間程です。小田木に入り特別高圧線下付近の南側に駐車スペースがあります。150m程西に登り口があります。


(2)登り口〜山頂
  登り口から少し歩くと小さな神社と石仏があり、赤い鳥居を潜り坂道を登ります。要所には道標があり、道もかなり整備されています。10分程歩きますと鉄塔下に出ます。さらに15分程あるきますとまた鉄塔下に着きます。20m程登ると西南方面が眺望できます。10分程歩きますと山頂です。水晶山四等三角点があります。眺望はありません。山頂の標石のところにコーヒー瓶の中に登山記録綴りが入っています。
  帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 鳥居 山道 最初の鉄塔下 2番目の鉄塔 眺望 山頂