*
麓の眺望
2008.10.4山行

1 袖山岳(そでやまだけ)の概要
  袖山岳(標高:1187m)は、愛知と長野の県境に位置しており、愛知県側は、北設楽郡豊根村に位置しております。山頂からの眺望はありません。山頂には袖山岳の立派なプレートが取り付けられています。当サイトは、袖山橋の南からのコースを紹介しています。
  参考書には、一般登山道といえる明確なものは無いとありましたが、登り口から山頂まで青色の布テープが目印として要所要所の小枝等に取り付けられており、踏み跡もあります。




    
29枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道428号、県道74号、県道426号で2時間20分程で登り口に着きます。登り口は、袖山橋(欄干中央付近にプレートがあります。)を50m程下がった、左カーブの沢の前です。袖山岳登山口の小さな標識があります。駐車スペースは登り口の前にあります。
 


(2)登り口〜山頂
  登り口から直ぐ右の沢を渡ります。山頂まで青色の布テープが要所要所に小枝等に目印として付いていますので注意して歩きます。山道をジグザグ進み30分程で尾根曲りに着きます。左方に25分程進みますと分岐1に出ます。左折して5分程歩きますと分岐2に着きます。奥に朽ちた大木が横たわっています。分岐を右折して稜線を直登します。15分程進むと分岐3に着きます。斜め右方向に進みますと直に小ピークの標石があるところに着きます。ここから、山頂まで、稜線の小さなアップ、ダウンが6回あります。20分程歩きますと樹間があるピークに着きます。10分程歩きますと小さな鞍部に出て登り返すと山頂です。登り口から2時間程です。山頂からの眺望はありません。袖山岳の立派なプレートが取り付けられています。
  帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 目印青色布テープ 陽差しの山道 尾根曲り 分岐1 分岐2 分岐3 小ピーク標石 樹間のあるピーク 鞍部 山頂