概要
 祖母山(そぼさん)は、大分県(豊後大野市、竹田市)と宮崎県(西臼杵郡高千穂町)にまたがる、標高1,756.4mの山であり、宮崎県の最高峰であります。
 今回の山行きは、九州本土の日本百名山歩きで、昨日の阿蘇山に続いて三つ目の山歩きで、尾平登山口から山頂を目指しましたが途中から雨となり、途中で断念しました。
 明後日は、霧島山の韓国岳を歩きます。

山行き日
 2010年4月19日
                           登山コース  

ほしこが inn
 昨夜宿泊した「ほしこがinn」を4:30に起床して、5:50分に出発しましたが、天候は前日とうって変わり今にも雨が降り出しそうでした。










6:00 尾平登山口
     宿泊場所から10分程で登山口に着きました。





6:02 山道1
     山頂付近は、雲が下りています。




6:11 つり橋
     奥岳川に架かるつり橋を渡ります。






6:32 山道2
     赤いテープの標示で導かれます。






6:57 山道3
     林道に出合ます。(雨が降り出しました。)




7:19 山道4
     林道が終わり、沢を渡ります。





7:20 沢
     雨が本格的に降りだし、帰路時の増水と滑りを
     考慮して残念でしたが、ここで引き返しました。
     (標高795m)
高千穂温泉
天候の回復も見込みがなく、次の宿泊箇所の予約をしているため祖母山の登山は中止して、高千穂温泉で癒しました。
温泉で癒した後、今日の車中泊所の九州自動車道宮原SAへ向かいました。
 翌日も雨模様でしたので、霧島神宮を参拝して宿泊箇所の「えびの高原ホテル」に15:26に着きました。(自宅から1,302.7km)

21日は、霧島山の韓国岳を歩きます。

                                                               このページのトップへ
登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望