*
  麓から山頂を望む
  2008. 3.27山行

1 白鳥山(しらとりやま)の概要
  白鳥山(標高:968m)は、愛知県の最高峰・茶臼山の南山麓・北設楽郡設楽町津具に位置しており、登山口に白鳥神社が祀られており、秋の紅葉、4月上旬の白鳥神社の桜がお薦めの季節です。津具川をはさんで大峠と対峙しています。


    
20枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道32号、国道257号、県道10号、県道427号で1時間30分程です。登り口は、白鳥神社へ上がる手前にある花祭りが行われる舞台の横からです。駐車スペースは、舞台の前にあります。


(2)登り口〜山頂〜登り口
  登り口から直に神社参道へ歩きます。赤い橋を渡り石段を上ると白鳥神社本殿に着きます。本殿の右手奥に登山口があります。本殿を大きく高巻くように上ります。登山口から5分程で分岐に着きます。分岐を直進して30分程で眺望の良い眺望1に出ます。さらに7分程で眺望2に着きます。そして直に山頂です。登り口から50分程です。北東方面の茶臼山や南アルプスが眺望出来ます。
帰路は、東に進みます。10分程で「愛知県白鳥山自然環境保全地域」の大きな案内板のところに着きます。右折して南へ尾根道を進みます。5分程で仏岩に着きます。南東方向が眺望出来ます。雑木林の山の急斜面を、右に左に下がって行きます。大小の沢を2つ越え25分程で往路の分岐に出ます。以降往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 参道分岐 白鳥神社 登山口 分岐 眺望1 眺望2 山頂 案内板 仏岩 眺望3