概要
 仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)は、長野県伊那市と山梨県南アルプス市にまたがる南アルプス国立公園内の赤石山脈の北部にある標高3,033mの山であります。
 北東に小仙丈岳、南西に大仙丈岳の小ピークを従え、尾根の間には、東側に小仙丈カール、北側に藪沢カール、南東側に大仙丈カールと三つのカール(圏谷)を擁し、山容は比較的穏やかであります。
 今回の山行きは、北沢峠から藪沢ルートで登り、仙丈小屋で一泊してご来光を拝み、小仙丈尾根ルートで下山する反時計周りのコースでした。
 往路は高山植物を観察しながら、復路は雄大なアルプスの山々を眺望し、天気に恵まれて楽しく山歩きできました。

山行き日
 2011年8月10日〜12日



                   仙丈ケ岳で観察したお花   登山コース  コース縦断

                   小仙丈ケ岳山頂ビデオ(ISDN)  小仙丈ケ岳山頂ビデオ(BrodBand)

    
 101枚の写真をスライドショウ


仙流荘バス停
 自宅を10日13:00に出発、音羽蒲郡ICで
高速道路に入ろうとしましたが、25km60分
の渋滞情報のため、豊田東ICで入り、
駒ヶ根SAに16:20に到着、車中泊しました。
 11日3:20起床、4:00SAを出発、伊那ICで
下り、5:20仙流荘バス停に着きました。
第一駐車場は満車状態でした。
始発(6:00)バスの二台目バスに乗車し、北沢峠
へ向かいました。
途中、運転手さんから時折ガイドがあり50分程で
着きました。
6:50 登り口(北沢峠)
     バス停の長衛荘前が登り口です。
     天候は晴れ、藪沢ルートで登山開始です。





7:03 大平山荘
     10分程で大平山荘に着きます。




7:05 藪沢ルート登山口
     大平山荘を過ぎると直に登山口です。






7:28 振り返る1
     甲斐駒ケ岳や鋸岳が望めます。






8:24 沢渡
     万年雪が残る沢を渡ります。
     10分程小休止しました。




8:30 滝
     藪沢へ流れる滝と沢の音を聞きながら
     歩きます。





8:47 山道1
     高山植物の群生する沢沿いの山道
     を歩きます。

8:56 山道2
9:05 山道3





9:46 振り返る2
     甲斐駒ケ岳が望めます。

9:50 分岐
     大滝ノ頭と馬ノ背ヒュッテへの分岐です。
10:02 山道4
      鹿害防止ネットが張られています。

10:06 馬ノ背ヒュッテ
      登り口から3時間程です。
      20分程小休止しました。
11:30 山道5
      ガスが湧いてきました。
11:47 仙丈小屋
      登り口から途中食事をとり、5時間程
      で着きました。
      ガスがでて眺望はありません。
      小屋内で休息しました。
      (一泊二食 8000円)
仙丈小屋内
17:00 夕食
 夕食メユー
ハンバーグ、シュウマイ、煮物、味噌汁
ポテトサラダ等美味しかったです。

19時30分消灯、天気予報では明日は晴れる
とのことでした。
5:00 ご来光
     3時20分起床、3時50分山頂を目指す。
     星が綺麗に見えました。

     4時20分山頂に到着。
     ご来光を待ちました。
 5:01 朝日に浮かぶ富士山
 5:04 朝日の仙丈ケ岳山頂
 5:14 山頂から望む仙丈小屋と馬ノ背
     ヒュッテ(丸内)
   5:45 朝食
     一度仙丈小屋に戻り朝食をしました。
   6:45 甲斐駒ケ岳を望む
     6:40小仙丈尾根を目指します。
 6:54 北岳、富士山を望む
 7:46 小仙丈ケ岳
     360度の展望 
 7:48 甲斐駒ケ岳、鋸岳、八ヶ岳を望む
 7:48 仙丈ケ岳、仙丈藪沢カールを望む
 7:48 北岳、間の岳、富士山(丸内)
     小仙丈カールを望む
 7:48 中央アルプス方面を望む
 8:12 北沢峠方面を望む
 9:03 大滝ノ頭分岐
 10:23 小仙丈ルート登山口
 北沢峠バス停
長衛山荘で昼食(長衛ラーメン800円)をして、
13:00発のバスで仙流荘へ下り、仙流荘で
汗を流して15:00自宅へ向かいました。
大きな渋滞も無く、19:00頃無事帰宅しました。


                                                               このページのトップへ
登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望