*
  山道から山頂の眺望
   2009. 2.28山行

1 三ヶ根山(さんがねさん)の概要
  三ヶ根山(標高最高点:350m)は、西三河の南端の幡豆郡幡豆町大字西幡豆に位置し、その昔寒ケ峯(さぶがね)と言われていましたが山頂の観音堂を三ヶ根山と称するようになって、この地一帯をを三ヶ根山と呼ぶようになりました。一説には、蒲郡市、幡豆町、幸田町の境をなすことから、その名がついたととも言われます。山頂部は広い尾根となり、三ヶ根観音、殉国七士の墓等の名所があり、三ヶ根山スカイラインも通っており、三河湾の眺望があります。
  当サイトは、大沢の登り口から時計方向に周回するコースを紹介しています。
  三ヶ根山スカイラインは歩行できません。




    
32枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。東名高速道路岡崎ICから、県道26号、国道248号、県道41号で30分程です。登り口は、県道41号の逆川信号を左折(南)し大沢集落の入口の林道分岐点です。駐車スペースは登り口の手前の右側にあります。


(2)登り口〜山頂〜登り口
  登り口から東へ進みます。5分程で堰堤の横を通ります。さらに4、5分で分岐1に着きます。左折して15分程山道を歩きますと三ヶ根山スカイラインに出合(歩行禁止)ます。スカイラインを横断して三ヶ根観音に向かい通り抜けます。5分程歩きますと眺望1に出ます。三河湾が展望できます。さらに南西へ数分歩きますと展望台に着き眺望2があります。北方方面も展望できます。西方面に見える無線中継所(標高最高点:見晴し台)を目指して進みます。20分程歩きますと分岐2に着きます。右折して直に鉄ハシゴを登り見晴し台へ登ります。見晴し台への歩道を歩き、分岐2から数分で標高最高点の見晴し台に着きます。南西方面の眺望3があります。登り口から1時間程です。
  帰路は、北方向の殉国七士の墓を目指して進みます。山道を数分程下りますと舗装道に出合ます。左方向に進み7、8分歩きますと殉国七士の墓の入口に着きます。入口の右手に三ヶ根四等三角点があります。三角点の右方向にある林道を進みます。荒れた林道を30分程下りますと分岐3に着きます。左折して7、8分でダムの横に着きます。さらに数分で登り口に戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 堰堤 分岐1 スカイライン出合 三ヶ根観音 眺望1 展望台 眺望2 分岐2 見晴し台へ 見晴し台への歩道 眺望3 舗装道出合 殉国七士の墓 三角点 荒れた林道 分岐3 ダム横