2013.12. 5山行
城址を望む

   標高 303m 周回時間 25分  お薦め度   ★  エリア  L6

   
 別所城址は愛知県北設楽郡東栄町大字本郷に位置しています。
 別所城は、天文年間(1532~1555年)、標高290m、比高50mの山麓に長篠菅沼氏の臣伊藤左京亮貞久が築いたとされています。貞久の子貞次は、1575年「長篠、設楽ヶ原の戦い」で武田氏に味方して甲斐へ落ち、その後、廃城になったと言われています。

 当サイトは、東栄町役場の南東の空地前からのコースを紹介しています。
 
 




登り口

東栄町役場の南東の空地前から城址を目指します。
  国道

国道473号を西へ歩きます。
  中学校入口

東栄中学校を目指します。
  遊歩道入口

登り口から10分程で遊歩道入口に着きます。
  遊歩道1

谷側は急峻です。
  遊歩道2

5分程で東栄中学校のグランド裏に着きます。
西へ土手を登ります。
  グランド裏

フェンス沿いに西へ歩きます。
  城址

1、2分で城址に着きます。

別所城址の石碑があります。

奥三河の山々が望めます。

帰路は遊歩道2まで戻り、北東へ歩きます。
  遊歩道3

通学路に出合います。右折します。

左折すると東栄中学校正門です。
  道路

通学路を通り、10分程で登り口に戻ります。
 
     
   
里山歩きのアングル
 
東栄中学校




 
 
    
                                               このページのトップへ