2012.10. 6山行
城址を望む

   標高 387/453.2/578m 周回 時間  3時間30分  お薦め度  ★   エリア   J6

   田峯城址、高野山、天神山は設楽町南端の愛知県北設楽郡設楽町田峯に位置しています。
 田峯城 は、田峯菅沼氏累代の本城で文明2年(1470) 菅沼定信 が築城、奥三河に於ける代表的な山城で中世城郭を参考に物見台・本丸大手門などと合わせて田峯歴史の里に復元されました。
 高野山は田峯城遊歩道ウォーキングマップに山名が記載されていますが道はありません。 山頂には大久後四等三角点と中部電力設置の基準点、そしてその北側には数体の石仏と祠が祀られています。
 天神山は田峯城の狼煙場であったと云われますが山頂には現在なにもありません。

 当サイトは田峯観音駐車場からの周回するコースを紹介しています。
 



     
  登り口

田峯観音駐車場から田峯城址を目指します。

案内板があります。
  町道1

直に右折して田峯小学校の前を通ります。
  町道2

4、5分歩きますと案内標識がある分岐を右折します。

  町道3

3、4分で入口に着きます。
  見学路

奥に竜頭山が眺望できます。

  入口

城址見学は有料です。

登り口から15分程です。
  石碑

田峯城址石碑、大手門、物見台、御殿等が復元されています。

  眺望

岩古谷山〜鞍掛山が眺望できます。
  町道4

田峯城址から西へ首塚を目指します。
正面に天神山が望めます。

20分程歩きますと標柱のある町道分岐を左折します。
  町道5

前方に集落が望め、眺望も良いです。
  町道6

10分程歩きますと首塚案内があるところから山へ登ります。

  山道1

3、4分で尾根に出ます。左折して首塚を目指します。
  首塚

5分程で着きます。

天正4年(1576)7月14日未明、菅沼定忠主従は、自分の城である田峯城を急襲し、老若男女幼少を問わず、手当たり次第に96名を惨殺する。常軌を逸する殺害を行った。 主だった者の首をこの作手街道の辻に晒した。いつの頃からか、この場所を首塚と呼ぶようになった。(案内板より抜粋)


町道6まで戻り、高野山を目指します。
  町道7

15分程歩きますと林道鷹野線の分岐があります。

  林道

10分程歩き、峠付近から山頂を目指します。
  山道2

踏み跡の薄い山道を登ります。
  山道3

尾根にでます。
  高野山山頂

15分程で山頂です。
首塚から40分程です。

大久後四等三角点と中部電力設置の基準点があります。

眺望はありません。
  石仏

三角点の北側には数体の石仏と祠が祀られています。

山道1まで戻り、天神山を目指します。
  山道4

高野山から50分程です。
  山道5

尾根を歩きます。
  天神山山頂

高野山から70分程です。

眺望はありません。

帰路は南東へ田峯観音を目指します。
  山道6

笹が茂る植林帯を下ります。
  山道7

猪除けの柵沿いに下ります。
  山道8

石仏が祀られている山道を通ります。
  町道8

山頂から30分程で町道に出ます。
  町道9

眺望が良いです。

  田峯観音

天神山から50分程で駐車場に戻ります。

     
     
    
                                               このページのトップへ