2012.10.13山行
山頂を望む

   標高 415m  周回時間  2時間35分  お薦め度  ★   エリア   J6

   平間山は新城市の北、愛知県新城市海老に位置しています。
 端整な山容を呈し、かつては山頂に古城が在ったと伝えられ、又太平洋戦争末期には御前崎から名古屋空襲に向かう敵機の監視所が置かれていました。以前は山頂にNHK東海老テレビ中継放送所が建てられていましたが現在は撤去されてありません。眺望もありません。

 当サイトは海老構造改善センターから421ピーク経由での周回コースを紹介しています。
 なお、分岐から421ピークは踏み跡が薄いので左折して平間山頂を目指すことをお薦めします。
 



     
  登り口

海老構造改善センター入口から山頂を目指します。
  県道

直ぐに左折して旧道を歩きます。
  旧道1

右前方に赤い鳥居が見えます。
  山道1

登り口から10分程で急登の階段の山道へ入ります。

(鉄塔の移設工事をしていました。)
  山道2

植林帯の山道を歩きます。

  山道3

15分程で新設鉄塔(工事中)箇所を通ります。
  山道4

間伐された植林帯を歩きます。
  山道5

踏み跡が薄いです。山頂を目指します。

  421ピーク

植林が伸び眺望はありません。

登り口から70分程です。

南へ平間山頂を目指します。
  山道6

尾根道を歩きます。
  山道7

電柱(パンザーマスト柱)に出会います。
  平間山頂

NHKの境界杭があります。
無線塔は撤去されていました。
植林が伸び眺望はありません。

421ピークから30分程です。

折り返して東へ下山します。
  山道8

山道を下ります。

  山道9

植林帯の山道です。
  山道10

間伐された植林帯を歩きます。

  山道11

新設鉄塔(工事中)の箇所に出ます。

  眺望

東方面の山々が眺望できます。
  旧道2

40分程で旧道へ出ます。

平間登山口の標識があります。
  旧道3

5分程で、往路に山道を登った所に戻ります。
     
    
                                               このページのトップへ