2012. 9.20山行
山頂を望む

   標高 557m  周回時間  17分  お薦め度  ★   エリア   I7

   田原白鳥神社は新城市の北西、愛知県新城市作手田原に位置しています。
 毎年10月の最終日曜日には、元禄時代を起源とする大祭が執り行われ、東田原から西田原への神興が練られ、浦安の舞、稚児三番叟、神代踊が奉納されると言われます。

 当サイトは北側農道余地から山頂を周回するコースを紹介しています。
 



     
  登り口

鳥居の西南、農道の道路余地から白鳥神社を目指します。
  鳥居

踏み跡の薄い鳥居をくぐります。
  参道

荒れた参道を歩きます。
  山頂

白鳥神社が建つ山頂です。
眺望はありません。

コウヤマキ自生地の標識があります。

登り口から10分程です。

  白鳥神社

田原白鳥神社では元禄(1688-1703年)の頃から地狂言が行われており、昭和55年に市の無形民俗文化財に指定されました。
  無線塔

神社の東に建っています。

帰路は脇道で下ります。

  脇道

神社から7、8分で登り口に戻ります。

 
 
 
 
 
 
 
    
                                               このページのトップへ