2012.11. 4山行
城址を望む

   標高 570m  周回時間  16分  お薦め度  ★   エリア   I7

  川尻城址は新城市の北、愛知県新城市作手高里に位置しています。
応永31年(1424)3月、三河奥平氏の初代の奥平貞俊によって城山(標高570m、比高差40m)に築かれたが、手狭なために 1年もたたずに亀山城 を築いて移り、ここは支城として残りました。
現在は創造の森城山公園として利用されています。

 当サイトは城山公園駐車場からの周回コースを紹介しています。
 



     
  登り口

駐車場から案内板のすぐ東の散策路から歩きます。
  散策路1

すぐに舗装された散策路に出ます。

右折して城址を目指します。
  散策路2

すぐに模擬冠木門前を歩きます。
  忠魂碑

石像や石碑が建っています。

  城址

城址の案内板と標識があります。

登り口から数分です。

  眺望

本宮山が眺望出来ます。
  散策路3

標識があります。
  散策路4

  散策路5

石像が祀られています。
折り返して登り口に戻ります。

城址から10分程で戻ります。
 
 
 
 
 
    
                                               このページのトップへ