2012.10.13山行
山頂を望む

   標高 489.2m  時間  20分  お薦め度  ★   エリア   J6

   須山御嵩山は新城市の北、愛知県新城市連合に位置しています。
 山頂には天照皇神・三笠山神社・御嶽神社・八海山神社・風神社の石碑が祀られています。眺望は樹間から奥三河の山が眺望できます。また、須山四等三角点があります。

 当サイトは須山御嶽山参道口からのコースを紹介しています。
 



     
  参道口の石碑

立派な石碑が建立しています。
  登り口

参道口から山頂を目指します。
  参道1

植林帯の山道です。
  参道2

分岐を左折します。(直進は巻道です。)
  参道3

小ピークに石仏が祀られています。

登り口から数分です。
  参道4

尾根を歩きます。
  参道5

分岐を左折して役行者像へ廻り道します。
  石仏

直に役行者像です。

参道3から数分です。

東へ山頂を目指します。
  石碑1

石垣の上に石碑が祀られています。

  石碑2

霊神の石仏が祀られています。

  山頂

登り口から20分程です。

石碑(天照皇神・三笠山神社・御嶽神社・八海山神社・風神社)が祀られています。

  三角点

石仏群の左下に須山四等三角点があります。
  眺望

樹間から鞍掛山、四谷の集落が眺望できます。

 
    
                                               このページのトップへ