2013. 4.27山行
麓から山頂を望む

   標高  196m 周回時間 48分  お薦め度  ★   エリア   F8

   
 城山は愛知県岡崎市羽栗町に位置しています。
 山中城址があります。
 説明板によれば「戦国時代に三河西郷氏(大草松平家)が築城する。 3代西郷信貞(松平昌安)の時、松平清康とその家臣大久保忠茂の奇襲で一夜にして落城。 1535年(天文4年)森山崩れで清康が亡くなると、山中城は今川氏の西三河攻略の拠点となる。1560年(永禄3年)桶狭間の戦いで今川義元が討たれると松平元康(後の徳川家康)が久松俊勝とともに攻め落とし、再び松平氏のものとなる。 1563年(永禄6年)の三河一向一揆では一時的一揆衆に占領された。 1564年(永禄7年)以後は酒井忠次が山中を領し、酒井氏の居城となった。 現在は岡崎市指定史跡。」とありました。

 当サイトは、県道324号から分岐の市道からの周回コースを紹介しています。
 
 




登り口

県道324号から分岐の市道から、向かいに見えます城山を反時計回りに歩きます。
  県道1

5分程歩き左折し、城山を目指します。

  遊歩道1

2、3分で遊歩道入り口に着きます。

標識に沿って歩きます。

  遊歩道2

歩き易い遊歩道です。

  遊歩道3

標識に沿い歩きます。

  山中城址

登り口から20分程です。

記念碑が建っています。

眺望はありません。
 

郭内部に祠があります。

  遊歩道4

帰路は西へ遊歩道を歩きます。

  遊歩道5

標識に沿い歩きます。
  遊歩道6

15分程で西側の遊歩道入り口に出ます。

右折して登り口を目指します。

  道路

脇道を歩きます。

  県道2

5分程で県道に出合います。
  社口の大榎

2、3分でふるさとの名木「社口の大榎」に着きます。

数分で登り口に戻ります。

     
   
里山歩きのアングル
 
社口の大榎




 
 
    
                                               このページのトップへ