概要

 小津権現山(おづごんげんやま 標高1,158m)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町に位置しています。濃尾平野から北西に小津三山の山並みを望むことができ、その最南端の山です。ぎふ百山のひとつ。南東の麓の小津集落(旧久瀬村)には、かつて木地師が住んでいて、白山権現社の灯篭には「元文庚申歳八月小津惣村木地惣中」と刻まれています。山頂には二等三角点と大権現白山神社の小さな祠があります。西側以外は展望が開け、北側に花房山その奥に能郷白山、白山、北アルプス、御嶽山や濃尾平野を望むことができます。

 今回は、小津権現山と能郷白山の一泊の山旅で台風8号の直後のためアクセス道路が心配でしたが登山口に着くことができました。

 小津権現山は、杉谷林道終点駐車場から小津ルートで歩いてきました。山歩き日和で尾根歩きはさわやかな風に吹かれ、山頂では西濃の山々を眺望でき、チョウとトンボが乱舞し、セミ、ウグイスが鳴き初夏から晩夏の様相が楽しめました。

山行き日

 2014年7月12日


                            登山コース       コース縦断


 
     
34枚の写真をスライドショウ

登り口を地図で示します


杉谷林道

自宅を5時20分に出発して、東名音羽蒲郡ICで高速道路に入り、東海環状自動車道大垣西ICで降り、登り口に8時30頃着きました。

アクセス道路が心配でしたが、杉谷林道は所々で小石が落ちており、一カ所で石や木々で塞がれ道路に水が溢れていました。
8:44 登り口

杉谷林道終点の駐車場から歩きます。


8:44 登山口

立派な登山口です。登山ポストもあります。
8:53 山道1

緑いっぱいの緩やかな支尾根を歩きます。

9:30 山道2

急登します。
10:16 山道3

直登は避け、緩やかな山道を歩きます。
10:33 高屋山

高屋三等三角点があります。

尾根道を北方向に山頂を目指します。
10:58 山道4

前衛峰が望めます。
11:04 山道5

山頂まであと1kmの標識があります。
11:43 山道6

歩きやすい尾根道を歩きます。
11:58 山道7

前方に山頂が望めます。


12:04 山頂

大権現白山神社が祀られ、小津二等三角点があります。

チョウとトンボが乱舞し、セミ、ウグイスが鳴き初夏から晩夏の様相が楽しめました。

昼食をして12時45分頃下山、15時30分頃登り口に戻り、久瀬温泉に向かいました。


山頂からの眺望

久瀬温泉 白龍の湯

地下1,502mから湧出したアルカリ性単純温泉。財産を増やす神様・白龍王大神にちなんで「白龍の湯」と名付けられた温泉は、露天風呂に洗い場が付いただけのシンプルなもの。温泉は掛け流し。利用料金 410円

汗を流し、途中で夕食をして「織部の里もとす」へ向かいました。
道の駅 織部の里もとす

19時頃「織部の里もとす」に着き、車中泊しました。

明日は能郷白山へ向かいます。

                                                               このページのトップへ