概要

 能郷白山(のうごうはくさん 標高1,617 m)は、岐阜県本巣市、揖斐郡揖斐川町と福井県大野市の境に位置しています。越美山地の最高峰です。周辺は豪雪地帯であり、奥美濃の最高峰であるこの山は、濃尾平野から望む一番遅くまで雪を抱いている山です。

 今回は、小津権現山と能郷白山の一泊の山旅で台風8号の直後のためアクセス道路が心配でしたが登山口に着くことができました。

 国道157号の温見峠からのコースで登山しましたが、ピークに出たところで風雨が強くなったため山頂は断念しました。

山行き日

 2014年7月13日


                            登山コース       コース縦断

            
 
    
23枚の写真をスライドショウ

登り口を地図で示します


国道157号

昨夜車中泊した道の駅「織部の里もとす」を4時30分頃出発し、途中コンビニで朝食し温見峠へ向かいました。途中から小雨がバラつきました。

国道157号は道の駅うすずみ桜の里付近から大型車通行禁止になっており、温見峠まで約17km狭い道です。

途中で熊と出合いました。(写真はドライブレコーダーの記録画像)
7:40 登り口

温見峠の道路余地から歩きます。
7:40 登山口

小雨も止み、天気予報では午後から雨になるとの予報でしたので、午前中に戻る予定で登山を開始しました。
7:48 山道1

 ブナ林の山道を歩きます。

山道沿いの木々には、毛虫が多く発生しており、注意して歩きます。
 
7:56 山道2

岩混じりの山道を急登します。
8:10 山道3

ロープ場です。
8:15 山道4

入口から500m、山頂まで1900mの標識があります。
8:21 山道5

ロープ場です。
8:39 山道6

高山植物が群生している山道を歩きます。
8:50 山道7

急登します。

雨が降り出します。
9:07 山道8

ピークが望めます。


9:08 山道8からの眺望

9:20 山道9

雨足が速くなります。
9:30 山道10

標高1492mのピークに着きましたが、風雨が強まり帰路の国道157号(途中に3ケ所ほどの洗い越しあり雨量が多いと通行止めとなる。)の通行が心配となり、ここで山頂への登山は断念して折り返しました。

11時10分頃登り口に戻り、雨が降っているため車内で着替えし帰路につきました。
国道157号

帰路時も親子の熊が道路を横切っていました。(写真はドライブレコーダーの記録画像)

うすずみ桜の里で汗を流し、途中で夕食をして18時頃無事帰宅しました。

雨で山頂まで歩けませんでしたが、奥美濃の山の深さを感じ、有意義な山旅でした。


          2日間の総運転距離 420km

                                                               このページのトップへ