概要

 西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山で、磐梯朝日国立公園に属すしています。
 東西に主軸をもつ吾妻連峰を構成する山の一つで、標高は、連峰最高の2,035m。連峰の西側の主稜に位置し、稜線の北北東に中大巓(1,963.6m)、西南西に西大巓(1,981.8m)が続きます。山頂に三角点は無く、樹林に囲まれ、眺望はありません。

 今回の山行きは、東北の百名山4座(月山蔵王山安達太良山西吾妻山)を計画し、台風18号、19号が去った9月13日~18日の五泊六日の山旅をしました。最初の山歩きは一番北にある月山を歩きました。
 2座目の蔵王山は、蔵王山麓駅からロープウエイで地蔵山頂駅まで上り地蔵山経由で熊野岳、お釜を周回してきました。 エメラルドグリーンのお釜の湖面が印象に残りました。
 3座目の安達太良山は安達太良奥岳登山口から ロープウエイで山頂駅まで上り歩いてきました。
 往路はガスで眺望出来ませんでしたが、山頂で昼食をしていたらガスが晴れてきて、帰路は眺望を楽しむことが出来ました。
 4座目の西吾妻山は途中から雨が降りだしましたが、木道、石畳み、巨岩等の登山道や奇岩を見て楽しく歩けました。

  東北の山旅は、ロープウエイ、リフトを利用して4座ともハイキングコースで歩いてきました。
西吾妻山では雨に降られましたが、紅葉、お釜、郷土料理、自然噴出の温泉等で癒され、登山道も木道、石畳み、巨岩等を歩き、想い出の残る山旅ができました。


山行き日
 2015年9月17日  


                            登山コース    コース縦断


 
    
86枚の写真をスライドショウします。        (外部サイト)

ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)

 登り口を地図で示 します


白布温泉 中屋別館 不動閣

昨夜宿泊した旅館で昼食(おにぎり弁当)を作っていただき8時頃天元台ロープウエイ湯元駅駐車場へ向かいました。

旅館でロープウエイの割引券をいただきました。

天気予報は午後から雨の予報です。
天元台ロープウエイ湯元駅駐車場

8時7分頃駐車場に着きました。北方向の空は薄曇りです。
天元台ロープウエイ湯元駅

始発は8時20分です。
天元台ロープウエイ

南方向は雲行きが怪しいです。
天元台高原駅

しらかばリフトに乗り継ぎます。
しらかばリフト乗り場

8時32分頃リフトに乗りました。
しゃくなげリフト乗り場

途中で雨が降り始めましたので、雨具を着ました。
北望台

湯元駅から1時間程です。

北望台の気温は10度前後です。リフトを降りると低体温状態でした。

安全の鐘があります。



五名峰展望台から(北方向はまだ明るいです。)

9:21 登り口

北望台から歩きます。
9:23 登山道1

往路はかもしか展望台経由で歩きます。
9:45 登山道2

置き石混じりの登山道を歩きます。
9:503 かもしか展望台

岩場で開けています。


かもしか展望台からの眺望

9:56 登山道3

木道を歩きます。
10:05 登山道4

道標に従い梵天岩を目指します。

帰路は人形石経由で戻ります。
10:14 登山道5

至る 梵天岩1.2kmの道標柱があります。
10:26 大凹の水場

標柱があります。
10:30 登山道6

巨岩のある登山道を登ります。
10:47 登山道7

岩が敷かれた登山道を登ります。

ガスで眺望がありません。
11:05 梵天岩

標柱があります。

ガスで眺望がありません。
11:16 登山道8

往路は道標柱に従い山頂を目指します。
11:22 登山道9

登山道を歩きます。
11:29 登山道10

登山道を歩きます。
11:37 西吾妻山山頂

山頂に三角点は無く、樹林に囲まれ、眺望はありません。

11:47 登山道11

小雨が降り、依然ガスが掛かっています。
11:51 西吾妻小屋

標柱の奥に西吾妻小屋があります。

無人の避難小屋です。雨のため、ここで昼食しました。

気温は10度です。

12時25分頃、天狗岩を目指します。
12:35 登山道12

天狗岩が見えてきました。
 12:37 天狗岩

標柱があります。

吾妻神社が祀られています。

登山道8を経由して登山道4まで戻り、人形石経由で登り口を目指します。
 14:00 人形石

吾妻の銀座、中心地と言われますが、ガスで分かりません。
 14:18 登山道13

石混じりの登山道を下ります。
14:25 登山道14

登山道を下ります。
14:37 登り口

雨のため、予定より1時間程遅れて着きました。

リフトを乗り継いで湯元駅へ15時50分頃着きました。

雨に遭いましたが、山歩きを堪能出来ました。


濡れた衣服等を着替えて、16時10分頃最終宿泊地の飯坂温泉へ向かいました。
飯坂温泉 ホテル天竜閣

17時30分頃ホテル天竜閣に着き汗を流しました。

翌朝8時10分頃、ホテル天竜閣を出発し、東北自動車福島飯坂ICから高速道路に入り、往路のルートで19時30分頃無事帰宅しました。途中首都高速が渋滞していました。

東北の山旅は、ロープウエイ、リフトを利用して4座ともハイキングコースで歩いてきました。
西吾妻山では雨に降られましたが、紅葉、お釜、郷土料理、自然噴出の温泉等で癒され、登山道も木道、石畳み、巨岩等を歩き、想い出の残る山旅でした。

                  総運転距離 1660km
   

                                                               このページのトップへ