*
筈ケ岳から望む寧比曽岳     2008. 5.15山行

1 寧比曽岳(ねびそだけ)・筈ケ岳(はずがたけ)の概要
  寧比曽岳(標高:1120.6m)は、豊田市足助町の北東に位置し、東海自然歩道の伊勢神方面の恵那コースと、足助方面の本線コースの2方向に分岐する要所で1年を通して親しまれています。山頂からの眺望も良いです。
  筈ケ岳(標高:985.2m)は、寧比曽岳の西に位置し、東海自然歩道の本線コースにあります。山頂からは、防火帯の合間から眺望があります。山道は、東海自然歩道で整備されており歩きやすいです。

 段戸湖から寧比曽岳へのコースは、こちらから

    
44枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道32号、国道257号、県道33号で2時間程です。大多賀峠の手前に駐車スペースと登り口があります。


(2)登り口〜寧比曽岳山頂〜筈ケ岳山頂
  登り口から東海自然歩道を寧比曽岳を目指して進みます。階段を上り、10分程で亀の甲岩のあるところに出ます。さらに10分程で休憩所1に着きます。さらに20分程で休憩所2に着きます。休憩所2から20分程で寧比曽岳山頂です。大多賀V三等三角点があります。山頂から恵那山や南アルプスが眺望できます。山頂から10分程段戸裏谷の方向に進みますと富士見峠に着きます。昔は富士山が見えたとの事ですが、現在は眺望出来ません。直ぐ北に反射板が設置されていますが、ここからも木々で眺望はできません。
  寧比曽岳山頂に戻り、尾根(東海自然歩道本線)を西へ進みます。10分程で休憩所3に、さらに10分程で休憩所4に、そして10分程歩きますと林道に出会います。林道を横切り5分程歩きますと休憩所5に着きます。15分程歩きますと再度、林道に出合ます。5分程歩きますと筈ケ岳山頂への分岐に着きます。右折して防火帯の山道を歩き、5分程で筈ケ岳山頂です。八ツ岳三等三角点があります。山頂からは、防火帯の合間から眺望があります。
 帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 亀の甲岩 休憩所1 休憩所2 寧比曽岳山頂 眺望1 富士見峠 休憩所3 休憩所4 林道出合1 休憩所5 林道出合2 分岐 防火帯の山道 筈ケ岳山頂 眺望2