*
   麓からの眺望
   2008.6.17山行

1 内平(なかひら)の概要
  内平(標高:802.5m)は、北設楽郡設楽町の北に位置し、豊田市稲武町の南と接しています。設楽町の河川は、南部は豊川の水系、北部は矢作川の水系に属しています。矢作川の支流の名倉川の流域にできた名倉盆地の北部に清水の集落があり、内平はその里山という趣があります。


    
9枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、国道257号1時間30分程です。国道257号から清水の集落に入り、右折して廃校となった小学校(現在はゲートボール場となっています。)の空き地に、地元の人の邪魔にならないように駐車します。登り口は空き地の横です。


(2)登り口〜山頂
  登り口から林道を進みます。数分で、右側の法下に小さな道標がある登山口に着きます。法の階段を登り尾根を進みます。5分程進むと分岐に出ます。分岐を左手に20分程進みますと山頂です。大平三等三角点があります。眺望はありません。
  帰路は往路を戻りますが、山頂が平で、北東方向に深い踏み跡がありますので、間違いないように注意して往路(南東)を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 登山口 分岐 山頂