*
つり池から山頂の眺望
 2008.11.22山行

1 村積山(むらづみやま)の概要
  村積山(標高:256.9m)は、岡崎市の北東の岡崎市奥山田町に位置しており、低山ながら山姿が富士山に似ていることから三河富士と呼ばれました。春には全山桜の花が咲き誇ります。中高年、ファミリーのハイキングに適した山です。
  当サイトは、つり池下の駐車場前から村積神社奥宮参道を歩いて山頂へ、帰路は展望台経由で戻るコースを紹介しています。




    
16枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊田東ICから国道248号、県道39号、村積山自然緑道で、10分程です。駐車場は、つり池手前にあります。登り口は駐車場の前です。


(2)登り口〜山頂〜登り口
  登り口から舗装された自然緑道を進みますと直につり池横に出ます。ここから桜並木の登りとなります。12,3分程歩きますと村積神社奥宮への参道入口に着きます。参道を進みますと12,3分で赤い鳥居のある村積神社奥宮に着きます。
  右(東)方向に歩きますと分岐があります。左折して直ぐに登ると山頂です。登り口から30分程です。神社の背後の小高い雑木林の中に、村積山四等三角点の標石が鎮座し、山名札が立木に掛けてあります。眺望はありません。
  帰路は、自然緑道を10分程西へ歩きますと展望台に着きます。北方面が開けています。西へ階段状の道を下ります。5分程で自然緑道に出合ます。左折して5分程で参道入口に戻ります。以降、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 つり池 参道入口 鳥居前の石段 分岐 山頂 展望台 階段状の道 自然緑道出合