*
  町からの遠眺望
   2009.4.30山行

1 物見山(ものみやま)の概要
  物見山(標高:327m)は、瀬戸市の南、豊田市との市境の瀬戸市広久手町に位置しています。2005年に開かれた愛・地球博の原点である海上の森にあり、物見山には、「武田信玄の家来が濃尾平野を物見した」という伝承があります。山頂からは名古屋方面の眺望があります。昭和30年代に植林された杉の木、檜木が成長し、低山でありますが、森林浴ができます。
  当サイトは、海上の森の最外側の林道を反時計回りに周回するコースを紹介しています。随所に「まむし注意」の標識やマウンテンバイク、自転車の進入禁止ゲートがあります。

  



    
45枚の写真をスライドショウします。 (外部サイト)
 


 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。猿投グリーンロード八草ICから国道155号、市道で7分程です。屋戸橋の東を海上の森へ入り、少し行きますと左側に駐車場があります。駐車場の入口が登り口です。


(2)登り口〜山頂〜篠田砂防池〜登り口
   登り口から南東へ舗装道を15分程歩きますと、分岐1に着きます。右折しますと直にマウンテンバイク、自転車の進入禁止ゲート1があります。歩行者通路から林道に入ります。杉の木、檜木が植林されており森林浴ができます。20分程歩きますとゲート2に着きます。さらに25分程歩きますと分岐2に着きます。右折しますと直に山頂へ登る階段と右脇に登山道があります。5分程で山頂に着きます。登り口から1時間5分程です。木々に標札がかけてあり、西方面の眺望があります。
   帰路は、分岐2まで戻り、右折して林道を20分程下りますとゲート3に着きます。ゲートを出て直ぐ右折しゲート4を通ります。林道を15分程歩き(登る)ますと分岐3に着きます。左折して篠田砂防池を目指します。直にゲート5があります。15分程歩きますと分岐4に着きます。直進して10分程歩きますと分岐5に着きます。右方向に歩きますと直に篠田砂防池に着きます。
   折り返して分岐5に戻り、右折して四ツ沢を目指します。山道を15分程歩きますとくさりゲートに着きます。ゲートを通り直に舗装道に出合ます。右折して往路を戻ります。10分程で登り口に戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 舗装道 分岐1 ゲート1 林道 ゲート2 分岐2 物見山山頂 眺望 ゲート3 ゲート4 分岐3 ゲート5 分岐4 分岐5 篠田砂防池 山道 舗装道出合