*
  麓から山頂の眺望
   2009.4.16山行

1 三国山(みくにやま)の概要
  三国山(標高:701.0m)は、愛知県と岐阜県の県境の岐阜県土岐市鶴里町柿野に位置しています。尾張、三河、美濃の国境だった山で、山頂には新四国八十八ケ所の三国山大権現社殿と多くの石仏が祀られており、また、大きな展望台からは四方に眺望があり、天候に恵まれれば御嶽山、白山や伊勢湾まで眺望できます。土岐市側から容易に車で登れ、山頂の直ぐ下には駐車場が整備されており山頂まで1分程で行けます。山頂付近には電波塔が多数施設されています。
  当サイトは、豊田市西市野々町の瀬戸市との市境付近を登り口として三国山山頂までのコースを紹介しています。




    
45枚の写真をスライドショウします。 (外部サイト)
 


 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。東海環状自動車道のせと赤津ICから県道33号、県道352号で25分程です。登り口はめぐみの森に通じる舗装道の整備された終端です。駐車は道路脇です。


(2)登り口〜三国山山頂
  登り口から山頂を目指して歩きます。直に分岐1に着きますが直進します。4、5分歩きますと舗装道になります。途中、大きくカーブしたところで樹間から山頂が望めます。舗装道から10分程で分岐2に着きます。直進してさらに10分程歩きますと分岐3に着きます。右折して16、7分歩きますと分岐4に着きます。右方向に歩き、途中、養蜂博物館入口神社横を通り35分程で乗馬入口に着きます。電波塔群が目に入ってきます。12、3分歩きますと分岐5に着きます。右折して直にテニスコート前に着きます。左方向に山頂へ向かいます。1、2分で山頂です。登り口から1時間35分程です。山頂には三国峠三等三角点があり、新四国八十八ケ所の三国山大権現社殿と多くの石仏が祀られております。また、大きな展望台があり四方に眺望があり、天候に恵まれれば御嶽山、白山や伊勢湾まで眺望できます。
  帰路は往路を戻ります。
  ※山頂の直ぐ下には駐車場が整備されており、山頂まで1分程で行けます。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 分岐1 舗装始まり 樹間から望む 分岐2 分岐3 分岐4 養蜂博物館入口 神社 乗馬入口 電波塔群 分岐5 山頂へ 山頂1 山頂2 展望台 眺望 駐車場