概要
 木曽駒ヶ岳は、伊那谷と木曽谷の間に屏風のように横たわる中央アルプスの主峰であり、 本岳(2,956m)・中岳(2,925m)・宝剣岳(2,931m)・伊那前岳(2,883m)などからなる山の総称であります。山頂には駒ヶ岳神社の奥院があります。南北アルプスや御嶽山、乗鞍山、さらに富士山や八ヶ岳まで望むことができます。
 今回は、休日は混み合いますので普通の日に出かけました。バス、ロープウエイとも行きも帰りも待たずに乗れ予定通りの登山ができました。


山行き日
 2009年9月15日〜16日



                           登山コース  コース縦断

    
 67枚の写真をスライドショウ


菅の台バスセンター駐車場
 15日(火)の13時に自宅を出発、音羽・蒲郡ICから東海環状自動車道、中央自動車道で駒ヶ根SAに16時20分に着き車中泊しました。
 16日(水)4時起床、朝食を食べ4時40分菅の台バスセンター駐車場へ向かいました。(5時までにICを通過しますと通行料が深夜割引となります。)
  5時前に駐車場に着きました。数台の車が駐車していました。バスの発車時まで休息しました。
  始発の臨時バス7時10分に乗り、しらび平駅(1,662m)に着き、8時の始発のロープウエイで8時8分に千畳敷駅(2,612m)に着きました。絶好の登山日よりでした。




中央アルプス駒ヶ岳ロープウエイ
まだ紅葉の兆しはありませんでした。
・高低差 950.0m
・斜長  2333.5m
・運転所用時間 7分30秒
・搬 器 61人乗り 2輌








8:15 登り口
     千畳敷駅を下りて外に出ますと直ぐ前に駒ケ岳
    神社が祀られています。右折して駒ヶ岳に向かい
    ます。











8:22 遊歩道から八丁坂、乗越浄土を見る
      青空の下、緑が残る千畳敷カール。












8:30 八丁坂
      よく整備されたジクザグ登山道を登ります。













9:00 桟道
      歩き易い登山道です。













9:10 乗越浄土
      八丁坂を登り切ると稜線(乗越浄土)にでます。
      左方向に駒ヶ岳を目指します。













9:17 乗越浄土から中岳を望む
      ここからは駒ヶ岳は眺望できません。








9:21 宝剣岳方向の岩肌
      切り立った絶壁です。





9:29 中岳への登山標識
      右方向に登ると稜線沿いに山頂へ。
      左方向に進むと巻道で、帰りに歩きました。
      (危険標識があり、初めての山歩きの方には
       お薦めできません。)


9:40 中岳から宝剣岳を振り返る







9:40 中岳山頂
     山頂は、巨岩が配置され、岩の上に小さな祠と
    山頂の銘板があります。





9:43 中岳から駒ヶ岳を望む
      中岳から下り上り返します。
9:44 中岳から御嶽山を望む
      御嶽山が綺麗に望めました。
10:20 駒ヶ岳山頂
       360度の眺望があります。



駒ヶ根神社




南アルプス方向の眺望
宝剣岳方向を望む
11:05 下山
11:26 中岳と木曽駒のコル
       中岳の巻道で帰ります。
       (危険標識があり、初めての山歩きの方には
        お薦めできません。)
11:35 巻道
       巻道は狭く、谷側は切り立っています。
11:45 急登な岩上り
       写真は上から見下ろしています。
12:00 乗越浄土、宝剣岳方向を望む
       急激に曇が湧いてきました。
13:04 千畳敷カール、駒ヶ根市街を望む

13:35 登り口に下山。
13:40 千畳敷駅からロープウエイで下山。
13:50 臨時バスで菅の台バスセンターへ。
14:20 菅の台バスセンター着。

・帰りに「こぶしの湯」で疲れを取り、途中、恵那SAで
夕食を食べ、19時30分頃無事帰宅しました。

・休日で無かったので、高速道路、ロープウエイ等スム
ーズに移動できて楽しく山歩きできました。

                                                               このページのトップへ
登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望