*
大鈴山山頂から望む
2007.11.08山行

1 鹿島山(かしまやま)・大鈴山(おおすずやま)の概要 
  鹿島山(標高912m)、大鈴山(標高1011.5m)は、愛知県の東部、設楽町にあり、岩古谷山、平山明神山と隣接しており、池葉守護神社まで東海自然歩道が通り、杉や桧樹林のプロムナードを歩きます。池葉守護神社には、幹周り8m程の立派な大杉のご神木があります。鹿島山は眺望がありませんが大鈴山からは眺望できます。
 当サイトは、下山ルートをアップダウンが無く、比較的に緩やかに下りれる沢沿いルートを紹介しておりますが、降雨後等、沢に水嵩があると通れませんのでご注意ください。また、山仕事の道を歩きますので、踏み跡が薄いところもあります。自信が無いときは、上りルートを戻られるのが良いと思います。

  ・平山明神山からのコースは、こちらのページへ

 
52枚の写真をスライドショウ
 

 



2 コースの内容

(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号(別所街道)と国道257号、国道473号で1時間10分程で着きます。設楽町大田口の交差点から佐久間方面に4km程行ったところに登り口と駐車スペースがあります。




(2)登り口〜鹿島山山頂〜大鈴山山頂〜グミンダ峠〜登り口
  登り口は、駐車スペースから西へ、川の右岸側の道を30m程登ったところのに道標があります。道標を左に、杉や桧の植林された道を進みます。まもなく、広い林道(林道出合1)に出ますので、横切って進みます。しばらく進むと、先程より狭い林道(林道出合2)にでますので、道標に沿って、右折して15m程の道標箇所から登ります。しばらく登るとベンチのある休憩所に出ます。少し登ると池葉守護神社に着きます。ここまで、30分程です。幹周り8m程の立派な大杉のご神木があります。
  池葉守護神社の東の道に鹿島山・大鈴山の登山口があります。小さな道標から奥に入り、杉の樹林の中を歩き、ジグザグに40分程登ると尾根に出ます。左折すると直ぐ鹿島山山頂です。眺望はありません。
  折り返して、大鈴山へ向かいます。鹿島山から大鈴山への縦走路は常緑樹と落葉樹のプロムナードが続きます。ササの道に変わるとやがて平山明神山への分岐に出ます。分岐から5分程で足場の悪い急坂を登ると大鈴山山頂です。小林村二等三角点があります。登り口から110分程です。南東側の眺望があります。山頂から少し行くと樹間から北西の眺望が出来ます。
  下山は、平山明神山への分岐まで戻り、左折します。急な下り坂をグミンダ峠まで下ります。踏み跡が薄いところもありますので、テープ等の目印に気を付け下ります。20分程下るとグミンダ峠にでます。グミンダ峠を右折し、沢沿いに下ります。沢を行き来し50分程で、林道A点にでます。林道を下ると林道出合2地点に出ます。以降は登りルートを登り口まで下ります。

                                              3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 杉樹林道 林道出合1 林道出合2 道標 休憩所 池葉守護神社 ご神木 登山口 鹿島山分岐 鹿島山山頂 明神山分岐 大鈴山山頂 眺望その1 眺望その2 登山道A点 グミンダ峠 沢沿いの道 林道A点