*
  麓からの山頂
  2008. 3.11山行

1 観音山(かんのんやま)の概要
  観音山(標高:400m)は、豊川市の北西部に位置し、登山道は「豊川自然歩道」が整備されており気楽に歩けます。観音山は、中腹にある財賀寺が創建当時は山頂に在ったという由来から命名されました。
  当サイトは、財賀口バス停西交差点から時計回りに周歩するコースを紹介しています。


    
36枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道5号、市道で15分程です。登り口は、「財賀口」バス停の西交差点です。駐車スペースは登り口から南西へ100m程のところにあります。


(2)登り口〜山頂〜観音堂〜登り口
  登り口から西へ平尾カントリーへ通じる車道を歩きます。25分程歩きますと、「豊川自然遊歩道」の道標がある分岐1に着きます。右折して5分程で作業車が出入りしますゲートに突き当たります。ゲート左側の登山口から山道を進みます。20分程歩きますと280段程ある階段を登ります。尾根上に出ると直に分岐2に出ます。直進して、数分で道標のあるところに着きます。さらに10分程で分岐3に着きます。観音山への道を進み10分程でベンチとテーブルのある休憩ポイントに着きます。ここからは、豊橋、豊川の市街地、三河湾から渥美半島、弓張山地が眺望できます。5分程歩きますと分岐4に着きます。直進して急斜面の道を10分程登りますと山頂です。山頂からは僅かに南西が開け眺望ができますが、植林が伸びており2,3年先は山頂からの眺望は無くなると思われます。
  帰路は、分岐4まで戻り、分岐を左折して下ります。25分程で分岐5に着きます。右折して直に「観音堂」に着きます。階段を下りて15分程で「仁王門」に着きます。仁王門の横には、「豊川自然遊歩道」の駐車場とトイレがあります。仁王門から南に車道を下ります。25分程で登り口に戻ります。

                                               3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 分岐1 登山口 階段 分岐2 道標 分岐3 眺望1 分岐4 山頂 眺望2 分岐5 観音堂 仁王門・駐車場