*
麓からの眺望  2008.04.06山行
2011.05.19山行
2012.06.13山行

1 神石山(かみいしやま)と葦毛湿原(いもうしつげん)の概要
  神石山(標高:324.7m)は、愛知県豊橋市と静岡県湖西市の県境に位置し、豊橋自然歩道と湖西連峰ハイキングコース上にあり、山頂からは湖西方面の眺望ができます。葦毛湿原は、豊橋市の東に在り、別名「東海のミニ尾瀬」とも云われ、約5ヘクタールの原野に高山性植物のミカワバイケイソウをはじめ、湿性植物など約250種が自生し四季折々の花園をつくり出しています。アクセスも便利で多くの人がハイキングを楽しまれています。愛知県指定天然記念物とされています。
 神石山への最短コースは、神石山自然歩道普門寺・神石山自然歩道がありますが当サイトは岩崎自然歩道から葦毛湿原経由で座談山、船形山、神石山までを紹介しています。
 こちらのページも参考にしてください。

                     山歩きレポート(2012.6.13)

                                   2011.5.19追加       2011.5.19追加
                                  ビデオ(ISDN)  ビデオ(BrodBand)

    
37枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  公共交通機関を利用して行く場合は、豊橋鉄道の飯村・岩崎線を利用して「岩崎」バス停で降ります。右折して330m程東に行くと登り口(道標イ1)に出ます。池の横に広場があり、トイレも設置されています。

                                

自動車を利用した場合は、豊川ICから国道151号、国道1号、県道4号、県道31号で30分程です。「葦毛湿原」の案内標識が主要箇所にありますので案内に従い進みます。
駐車場の南東角の道標(イ1)が登り口です。
駐車場から、池の横を歩いて行くとトイレのある広場に出ます。



(2)登り口〜山頂
  登り口から遊歩道を歩いて行きますと10分程で葦毛湿原に着きます。葦毛湿原の奥(南)から二川TV中継所へ向けて歩きます。ここからの歩道は東に向かって緩やかな上りが続きますが、途中の眺望はあまり望めません。15分ほど歩くとにベンチのある一息峠に着きます。 一息峠からしばらく緩やかな道を行くと急な階段のあるところにでます。ここを登りきると、豊橋自然歩道本線に出ます。左折(北東)し、しばらく歩くと二川TV中継所に着きます。登り口から1時間程です。さらに10分程歩くと座談山の南東の鉄塔のある小ピークに着きます。ここからの眺望は良く、空気が澄んでいれば富士山が展望できます。尾根道を歩いて行きます。途中、舟形山の船形山城址の標識を通り二川TV中継所から1時間程で山頂に着きます。神石山一等三角点があります。山頂からは湖西方面の眺望ができます。
 帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 葦毛湿原 一息峠 本線出合 二川TV中継所 眺望 船形山城址 山頂