概要

 蛇峠山は、長野県の下伊那郡平谷村と阿智村(旧浪合村)、阿南町の境にある標高1663.9mの山です。、南北の両村を旧伊那(三州)街道が結び、街道最高所にあったのが治部坂峠で、現在は国道153号線となっていますが、その峠の東至近にあります。山頂付近には国土交通省のレーダー雨量計をはじめ、いくつもの電波塔などが設置されています。

 今回の山行きは、馬の背の駐車場から往路は遊歩道で、帰路は林道(作業道)で周回してきました。

山行き日

 2013年11月2日



                           登山コース   コース縦断

                    
 
    
59枚の写真をスライドショウ)

登り口を地図で示します


治部坂高原駐車場

 自宅を5時50分に出発し、途中岡崎で同好者2名と合流して、治部坂高原駐車場に8時40分頃到着しました。

 登り口の馬の背へまでは、一般車も通行できます。
9:09 登り口

馬の背の駐車場から山頂を目指します。

まず、北へ国土地理院の電子基準点前を通り馬の背展望場へ歩きます。
9:11 馬の背展望場

標柱があります。

東に山頂が望めます。

眺望1 馬の背展望場から山頂を望む


眺望2 馬の背から北方面を望む
(天気が良ければ、北・中央・南アルプスが望めます。)

9:19 林道1

往路は、遊歩道を歩きます。
9:23 遊歩道1

落葉の絨毯です。

紅葉した樹

9:38 遊歩道2

林道に出合います。
9:42 遊歩道3

直ぐに左方向に遊歩道を歩きます。
9:44 遊歩道4

尾根道です。
9:48 林道2

林道にでます。
9:52 林道3

電波塔が立ち並んでいます。
9:59 山道1

雑草の藪コキです。
10:03 林道4

再度、林道に出合います。
10:04 林道5

国土交通省のレーダー雨量計です。
10:05 狼煙台跡

浪合村史跡 武田信玄軍が使用した狼煙台跡とあります。

戦国時代、武田軍が大菩薩峠、入笠山、蛇峠山、津具の丸山を経て、長篠城へ情報伝達した狼煙台だったところ。

10:14 山道2

背丈もある藪コキです。
10:17 山道3

山頂間際です。右方向に展望台が見えます。
10:19 山頂

展望台傍に、二等三角点があります。

展望台

鉄板製の展望台です。腐蝕が進んでいます。

ガスで眺望ができませんでした。
11:12 林道6

帰路は林道を歩き11時20分頃登り口に戻りました。

ガスがかかり眺望はあまり出来ませんでした。紅葉は山頂付近は峠を越していましたが麓は見頃でした。


                  
大井平公園

治部坂高原駐車場を12時30分頃出発、稲武町の大井平公園の「もみじまつり」へ寄り、どんぐりの湯で汗を流し、同好者と岡崎で別れ、途中で夕食し19時頃無事帰宅しました。
                 運転総距離  238km
   

                                                               このページのトップへ