*
  岩伏山山頂
  2007.09.18山行

  2017.04.23山行

1 岩伏山(いわぶしやま)の概要 
  岩伏山(標高:982.9m)は、茶臼山から西へ走る山並みが、広々とした名倉盆地でつきるところに位置しています。 
  登山口には、地元のボランティア団体が案内看板や資料が置かれており、初心者の山登りにお勧めの山です。

 2017.4.23の記録はヤマレコでご覧ください。  
ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)
 



2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号(別所街道)と国道257号で約1時間30分で着きます。津島神社鳥居前が登り口で、その前に地元のご好意で駐車場が設置されております。

(2)登り口〜山頂
  津島神社鳥居前の登り口から登ります。登り口に置いてある「案内図」で登山することをお勧めします。道標、登山道とも整備されています。登り口から10分程で茶臼山高原道路に出ます。右折して100m程で2合目登山口に出ます。沢沿いの道で眺望の無い林下ですが、道路沿いに観音蔵地蔵をのせた岩等があり興味を持ちながら歩けます。1時間30分程で山頂に着きます。岩伏三等三角点があります。山頂は眺望も良く、奥三河の主脈や恵那山、御嶽山が展望できます。また、武田信玄のろし台跡があります。
 下山は、登りより急な道を下ります。1時間程で登り口に戻ります。

                                                3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

           
                                                             このページのトップへ
                                                               
登り口 高原道路出合 2合目登山口 岩伏観音 岩伏地蔵 大雨災害跡地 山小屋休憩場 矢作川源流看板 8合目道標 山頂 山頂眺望 武田信玄のろし台 笠岩 はなたれ岩 津島神社