*

MENU
・TOP
・豊橋自然歩道
・二川自然歩道支線
・東山自然歩道支線
・葦毛湿原・岩崎自然歩道支線
・普門寺自然歩道
・神石山自然歩道支線
・普門寺・神石山自然歩道支線
・多米自然歩道支線
・赤岩・赤岩寺自然歩道支線
・石巻自然歩道支線&石巻巡回遊歩道
・長彦自然歩道支線
・嵩山自然歩道支線
・旧姫街道
・中山自然歩道支線
・自然歩道本線 東山〜普門寺峠
・自然歩道本線 普門寺峠〜多米峠
・自然歩道本線 多米峠〜本坂峠
・自然歩道本線 本坂峠〜中山峠
・三河の山
参考文献:「豊橋自然歩道25年
のあゆみと案内」目次


「豊橋自然歩道25年のあゆみと
案内」豊橋自然歩道全線の概要

コースの縦断図
コースの写真一覧
標識番号 区間距離 累計距離 高差
山頂 56 2,200 300
マ−15 28 2,144 296
マ−14 267 2,116 295
マ−13 83 1,849 238
マ−12 61 1,766 207
マ−11 115 1,705 193
マ−10 29 1,590 167
マ−9 202 1,561 166
マ−8 69 1,359 148
マ−7 311 1,290 142
マ−6 - 979 96
マ−5 5 979 96
マ−4 97 974 90
マ−3 708 877 87
マ−2 169 169 18
マ−1 0 0 0
コースの縦断図
コースの写真一覧
1 コース概要
 石巻山の麓、間場口から石巻山頂までの2.2km、50分と観光道路、遊歩道を経て石巻尾根分岐までの4.5Km、約1時間15分の自然歩道です。中腹の旅館街から自然歩道の途中まで自動車でも行けます。

 ※新版地図の石巻自然歩道はこちらから
 ※新版地図の石巻巡回遊歩道はこちらから

2 コースの案内
(1)登り口まで
  公共交通を利用する場合は、豊橋鉄道の「石巻登山口」バス停で降り、信号交差点の方に50mほど行き橋を渡り10mほどゆくと「石巻自然歩道」の看板があります。
看板の前の道を東の方向に600mほど行くと、間場口の登り口に突き当たります。
また、金田住宅行きのバスの場合は、バス停からちょっと戻り、途中から北の方向に700m程行けば間場口の登り口に出られます。

                        

車でで行く場合には、信号交差点を東の方向に行くと、石巻神社を通り過ぎた所に「石巻山」という標識がありますので右折します。右折してすぐの所に、数台ほど駐車できる駐車場があります。ここに駐車した場合は、近くの「ほっとい亭」(とろろ汁の店)の横に間場口からの歩道に合流する道があります。
この道を利用しない場合は、駐車場まで舗装された一般道をかなり歩いて行くことになりますので、ここには駐車せずそのまま、舗装された山道を登って駐車場で行きます。


(2)登り口〜石巻山頂
  間場口の登山口から30分ほどで石巻神社の鳥居の所にひょっこりと出ます(道標マ9)。旅館街の方向に行くと大きな駐車場がありトイレも設置されていますので、ここまで自動車で来て、ここから歩かれる方もいます。
鳥居の所の階段を登って行くと30分弱で石巻山頂上行くことが出来ます。山頂は、360度展望でき、空が澄んでいれば富士山が眺望出来ます。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第67号)
(3)石巻山自然歩道〜観光道路〜石巻巡回遊歩道登り口
  石巻尾根分岐へは、鳥居の前の通称「観光道路」と名づけられた林道を東に行きます。
林道は途中のゲートまで2.5Km程度ありますが、この林道途中から、石巻尾根分岐への登り口は3箇所(下図C,D,Eポイント)あります。 


(4)石巻巡回遊歩道登り口〜石巻尾根分岐
 石巻自然歩道から歩いて来た場合は、Cポイントから登るのが一番近いです。石巻尾根分岐まで約500m、20分です。
 車の場合は、車が駐車できるDポイントからが近いです。
 Eポイントは、一番奥の登り口になります。道標の番号は、Eポイントの登り口がキ1でDポイントの登り口がキ16になっています。
 100m程北東に行くと浜名湖方面を眺望できる廃寺跡にでます。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第67号)

                                                                   このページのトップへ
C点 D点 E点 尾根分岐   登り口 P入口 伝説地 マ−9 石巻神社 城跡 蛇穴 足跡 山頂