概要
 伊吹山(いぶきやま)は、滋賀県と岐阜県の県境、北緯35度25分04秒、東経136度24分22秒に位置し、標高1、377.3m(滋賀県では最高峰)の自然豊かな山で、日本百名山の一つでもあります。高山植物には「伊吹山固有種」も多く、貴重な自然の宝庫となっています。昭和2年2月14日に観測されました、11.82mの積雪量は世界記録になっています。伊吹山にとって一年を通して一番快適に過ごせる時期は夏です。また、古くから霊峰とされ、日本武尊が山の神との戦いに敗れ傷を負った地とされています。
  山頂へは、伊吹山登山口からと伊吹山ドライブウエイ駐車場(全長17km、標高1、260m)からの登山コースがあります。当サイトは後者で歩きました。また、駐車場から山頂へは、「西遊歩道コース」(山頂まで約40分、距離約1、000m)、東遊歩道コース・下り専用」(山頂まで約60分、距離約1、500m)、「中央遊歩道コース」(山頂まで約20分、距離約500m、急勾配でほぼ階段)の三つのコースがありますが、当サイトは、西遊歩道コースで登り、東遊歩道コースで下りました。

山行き日
 2009年4月24日



                           登山コース  コース縦断

    
52枚の写真をスライドショウします。



ドライブウエイ8km付近から山頂を望む。







ドライブウエイ山頂駐車場。











恋人の聖地 恋慕観音像。












10時40分 駐車場南西角にあります「西遊歩道コースの登山口」から山頂を目指し歩きました。




途中、遊歩道際でショウジョウバカマを見ました。






山頂間近の高山植物はこれからです。








11時10分 日本武尊像が祀られている山頂に着きました。北・西方面の眺望がありました。





北方面の眺望。

西方面の眺望。









山頂の旧測候所、一等三角点を望む。







一等三角点。6月3日は測量の日とありました。





南方面の眺望。








12時 東遊歩道で下山。







東遊歩道。


途中、ニリンソウを見ました。


12時30分 東遊歩道の登山口に下山しました。

食事時間も含め、1時間50分程の山歩きでした。高山植物の開花時期にはまだ早い時期でしたが、鶯の声を時折聞きながら整備された遊歩道を気持ちよく歩いてきました。




                                                               このページのトップへ
登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望