概要

 鳳凰山(ほうおうざん)は山梨県の南アルプス北東部にある3つの山の総称で、地蔵岳(2764m)・観音岳(2840m)・薬師岳(2780m)の3山を総称として特に鳳凰三山と呼ばれています。

 今回の山行きは、八ヶ岳PAに車中泊して、早朝に青木鉱泉からドンドコ沢コースで登り、鳳凰小屋に一泊して鳳凰三山を縦走して、中道で下り青木鉱泉に戻る周回コースです。

 縦走時は天候に恵まれ、ご来光を拝み、富士山や甲斐駒ケ岳、千丈ケ岳、北岳等が眺望でき、すがすがしく山歩きができました。

山行き日

 2013年8月9日〜12日

                              
                 鳳凰三山で観察したお花     登山コース     コース縦断

 
   
143枚の写真をスライドショウ)

登り口を地図で示します


八ヶ岳PA

自宅を14時頃出発、東名音羽蒲郡〜岡崎間が渋滞していたので岡崎ICで高速道路に入り、東海環状自動車道、中央道で途中SAで休憩を取り、18時30分頃八ヶ岳PAに着き、車中泊しました。

翌日(10日)、4時30分頃青木鉱泉に向けて長坂ICで下り5時30分頃登り口に着きました。
登り口

青木鉱泉駐車場は満車状態でした。(駐車料金は1日750円)

登山支度をして、6時15分頃鳳凰小屋を目指して出発しました。
6:18 ドンドコ沢渓谷登山口

青木鉱泉の前のドンドコ沢登山口から歩きます。

6:24 山道1

5分程で案内板の前を歩きます。
6:37 山道2

改修工事中のドンドコ沢を渡ります。
6:55 山道3

沢沿いの木立の山道を歩きます。
7:09 山道4

川沿いルートの標識があります。
7:37 山道5

トラバースします。
8:36 山道6

沢を渡ります。
9:04 山道7

ベンチのある道標の前に着きます。

南精進ケ滝(150m)へ向かいます。

9:09 山道8

急登のロープ場を歩きます。
9:14 南精進ケ滝

落差は50m程、水量はかなり豊富、上部で直下し下部では末広がりに流れ落ちています。とにかく滝の目前は大量の飛沫が周囲を包み込んでいます。
9:27 山道9

マルバダケブキが咲いています。
9:42 山道10

沢を渡ります。
10:00 山道11

道標があります。

鳳凰の滝へ向かいます。
10:09 山道12

道標があります。

鳳凰の滝へ向かいます。
10:33 鳳凰の滝

南精進ヶ滝の上流にかかる滝,、本流と支流が滝となって合流しています。支流はゆるやかな分岐瀑、本流は豪快な直瀑という違った個性を持っています。
11:41 山道13

鳳凰の滝経由と未経由の分岐点。
13:13 山道14

白糸の滝への分岐点。
13:16 白糸の滝

鳳凰の滝の上流にある滝、豪快に直下した滝がガレ場の上を末広がりに流れ、小さいながらも個性的な滝です。
13:40 山道15

道標があります。急登します。


14:02 山道16

五色滝の分岐点。
















14:08 五色滝

その名の通り、ドンドコ沢で一番の美瀑です。晴れていれば朝のうちは虹がかかります。

14:36 山道17

道標があります。

15:04 山道18

前方に地蔵岳が望めます。
15:20 鳳凰小屋

滝巡りや高山植物を写真撮影しながら9時間程かかり着きました。

水、お茶500ml3本飲みました。

トイレが男女兼用で4室しか無いため、行列ができることもありました。
宿泊場所

混雑していたため、布団半分で寝ました。
夕食

カレーライスと吸い物でした。
鳳凰小屋前

テント場も大勢の人達がいました。
4:00 山道19

鳳凰小屋前ではご来光が見えませんので、4時に地蔵岳へ向かいました。
4:49 賽ノ河原

ザレ場を急登します。
5:01 ご来光

賽ノ河原からの眺望です。
朝食弁当

おにぎり3個と漬物です。(1、000円です。)
5:49 地蔵岳

地蔵岳のオベリクス。


眺望1

観音岳の左手に富士山が望めました。


眺望2

甲斐駒ケ岳を眺望できました。。

6:00 山道20

オベリクスが聳える手前の鞍部の平坦地には沢山の地蔵が祀られ、信仰の山であることがうかがわれます。
眺望3

奥に八ヶ岳が眺望できました。
6:24 山道21

観音岳山頂を望む。
7:39 山道22

道標があるザレ場。
7:58 山道23

天に突き上げるオベリクスが象徴的な地蔵岳を振り返る。
左正面のピークはアカヌケ沢ノ頭で、左方向に連なる早川尾根の縦走路の起点になっています。

鳳凰三山の特徴は縦走路にある大小の白い花崗岩の岩群がハイマツの緑と良くマッチして美しい景観を作り出しています。
8:23 観音岳

鳳凰三山の最高点の山です。
8:29 山道24

北東斜面からガスが湧いてきました。

前方に薬師岳が望めます。
9:17 薬師岳

北岳が眺望できました。

9時35分頃、中道コースで下山しました。

10:02 山道25

シャクナゲが群生しています。
10:27 山道26

針葉樹林帯の山道を下ります。
  11:28 山道27

大岩と道標があります。
  13:28 山道28

道標があります。(青木鉱泉へ1時間40分)
   14:36 山道29

鳳凰三山中道コース入り口の標識があります。

青木鉱泉への山道を歩きます。

  15:41 山道30

林道手前で雨が降り出しました。
  16:18 林道1

途中から1時間程雷雨に遭いました。
  青木鉱泉

16時30分頃無事登り口に戻り、青木鉱泉で汗を流しました。(洗い場が狭いため、15分程待たされました。)

18時頃青木鉱泉を出発、寝不足のため駒ケ根SAで車中泊し、翌日8時頃無事帰宅しました。

              総運転距離 594km

                                                               このページのトップへ