*
   麓からの眺望
   2008.9.11山行

1 彦坊山(ひこぼうやま)の概要
  彦坊山(標高:538m)は、新城市作手大和田に位置しています。沢沿いに山歩きするコースで山頂まで植林されており眺望はありません。途中に、水量の多い時期は見ごたえのある落差7〜8m程の滝があります。




    
12枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、国道301号、県道435号、県道436号で1時間程で登り口に着きます。県道435号から県道436号に入り、300m程の左手に林道彦坊線の入口があります。入口が登り口で、駐車スペースは、登り口手前の道路脇です。


(2)登り口〜山頂
  登り口から林道彦坊線を進みますと直に島田川に架かるコンクリート橋に出ます。橋を渡り右に進みます。登り口から15分程で左山側に不動尊の石仏が祀られ、沢に落差7〜8m程の不動滝が見えるところに着きます。さらに進みますと堰堤1,堰堤2、堰堤3があります。堰堤3を過ぎると直に左手に登山口があります。登山口には、標識とペットボトルが目印として置かれています。不動滝から15分程です。登山口からやや急な斜面を直登し涸沢を渡り15分程で登り詰めると緩やかな鞍部の分岐に着きますので右に稜線を登ります。10分程で山頂です。植林されており眺望はありません。また、三角点もありませんが、小さなケルンと山名が記された標識を見つけることができます。
  下山は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 コンクリート橋 不動滝 2番目の堰堤横 登山口 沢渡り 分岐 山頂