概要
  鉢伏山(はちぶせやま)は長野県岡谷市に位置し、標高1,928.5mの筑摩山地の山で、美ヶ原高原の南東に扉峠をはさんで、南側の高ボッチ山とともになだらかな山容を見せています。鉢伏山から東方および南方に延びる尾根は中央分水嶺となり、日本海へ注ぐ河川である犀川・千曲川水系と、太平洋に注ぐ天竜川水系を分けています。

 
 高ボッチ山(たかぼっちやま)は、長野県岡谷市に位置し、標高1,664.9mで鉢伏山の南側にあって長野県岡谷市・塩尻市・松本市にまたがる高ボッチ高原の中心となっています。360度の素晴らしい展望があり、高原一帯は、八ヶ岳中信高原国定公園に指定されています。「ボッチ」はアイヌ語で「巨大な高原」の意といわれ、また、この地の方言では、峰の最高所と呼ばれています。

 今回の山行きは、同好者と信州の山々を眺める目的で鉢伏山と高ボッチ山を訪れましたが、あいにく雲がかかり眺望は今一つでしたが、高原のさわやかな風に吹かり、高山植物を観ながら楽しく歩いてきました。

山行き日

   2012年8月23日
                            

         鉢伏山&高ボッチ山で観察したお花  鉢伏山登山コース     鉢伏山コース縦断
                                   高ボッチ山登山コース  高ボッチ山コース縦断


    
(66枚の写真をスライドショウ)

登り口を地図で示します


高ボッチ高原第一駐車場

自宅を5時頃出発、岡崎で同好者と合流して、国道153号を走り、中央高速道路飯田山本ICに入り、岡谷ICで下り10時頃高ボッチ高原に着きました。

鉢伏山を目指してさらに北に鉢伏山スカイライン(舗装してありますが道幅は狭いです。)進みました。

鉢伏山駐車場

10時42分駐車場に着きました。(駐車場料金500円)

10:45 登り口

駐車場の西、鉢伏山荘前から北へ前鉢伏山を目指します。

10:53 散策路1

広い散策路を歩きます。高山植物が観られます。


11:00 前鉢伏山山頂

直に山頂に着きます。パノラマの眺望があります。

三角点と標識があります。

折り返して鉢伏山山頂を目指します。
眺望1

美ヶ原の眺望です。

11:23 散策路2

右前方の小高い山が山頂です。
11:34 散策路3

目の前が山頂です。
11:35 鉢伏山山頂

三角点と標識があります。

展望台に向かいます。
鉢伏神社

途中に鳥居と神社が祀られています。
展望台

パノラマの眺望があります。

さわやかな風に吹かれ、昼食をしました。

眺望2

奥に諏訪湖、手前に高ボッチ山が眺望できます。

折り返して駐車場に戻り、車で高ボッチ高原に向かいます。
高ボッチ高原第二駐車場

広い駐車場です。

東に高ボッチ山、北に鉢伏山、西に北アルプスが眺望できます。
高ボッチ山登り口

高原です。山頂は目前です。
  景色

高山植物が群生しています。
標識塔

途中に木製の塔があります。
高ボッチ山山頂

標識とケルンがあります。

360度のパノラマの眺望があります。
眺望1

山頂から西方向に高ボッチ高原を望みます。
眺望2

駐車場から北アルプスを望みます。(雲で山頂が隠れていました。)

14時15分頃、高ボッチ高原を出発して自宅に向かいました。途中夕食をして20時頃無事帰宅しました。

   

                                                               このページのトップへ