概要

 月山(がっさん)は、山形県の中央部にあり、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。山域は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定されています。標高1,500mの湯殿山、418mの羽黒山とともに出羽三山のひとつに数えられ、修験者の山岳信仰の山として知られ、山頂には月山神社が鎮座し、多くの修験者や参拝者が訪れています。

 今回の山行きは、東北の百名山4座(月山蔵王山安達太良山西吾妻山)を計画し、台風18号、19号が去った9月13日~18日の五泊六日の山旅をしました。最初の山歩きは一番北にある月山を、姥沢駐車場から歩き、上りはリフトを利用しました。ガスで眺望がありませんでしたが、時折ガスが晴れて、紅葉と緑の絨毯の山肌が映えて楽しく歩けました。
 明日は山形蔵王山を歩くため、山形蔵王温泉へ向かいました。

山行き日
 2015年9月14日  


                            登山コース    コース縦断


 
    
87枚の写真をスライドショウします。        (外部サイト)

ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)

 登り口を地図で示 します


寒河江SA

自宅(豊橋)を6時に出発して、新東名ー首都高速ー東北自動車ー山形自動車道で16時30分頃寒河江SAに着き車中泊しました。天候は曇り時々晴れです。

翌日の5時頃寒河江SAを出発、西川ICで下りて、コンビニで昼食を買い、姥沢駐車場に向かいました。
7:30 登り口

7時頃姥沢駐車場着き、支度をして月山に向かいました。

3、4台駐車していました。
7:38 登山口

月山環境美化協力金200円を払います。
7:41 登山道1

往路はペアリフトで登りました。
7:49 月山ペアリフト下駅

月山ペアリフト下駅のリフト乗場です。
リフト

8:08 月山ペアリフト上駅

ガスがかかっていました。

月山の標識があります。
8:34 登山道2

木道を歩きます。
8:38 登山道3

左方向に姥ヶ岳へ向かいます。
8:58 登山道4

登山道の両側に侵入防止のロープが貼られています。
9:06 姥ヶ岳山頂

姥ヶ岳山頂の標識と三角点があります。

標高 1670m


姥ヶ岳の紅葉

9:23 登山道5

紅葉した登山道を歩きます。
9:32 金姥

緑が映えていました。


金姥から見下ろす。



紅葉した絨毯のような山肌です。

9:46 登山道6

稜線の登山道を登ります。
10:11 牛首

帰路はリフトを利用しないで下ります。
10:14 登山道7

ここから山道の登山道になります。
10:43 登山道8

岩場です。
10:59 延命地蔵尊様

延命地蔵尊様前を歩きます。
11:00 鍛冶稲荷様

鍛冶稲荷様前を歩きます。

山頂が望めます。
11:07 芭蕉の句碑

芭蕉の句碑があります。
11:08 山頂広場

方位盤がありましたが、ガスで眺望がありません。
月山頂上小屋

月山頂上小屋横を通り月山神社(山頂)へ向かいました。
11:16 月山神社

月山神社本宮です。境内は撮影禁止でした。

月山頂上小屋で昼食をして、11時55分頃下山を始めました。気温は11度です。

牛首まで往路を戻ります。


13:16 登山道9 

姥ケ岳を望みながら下山します。
13:30 登山道10

リフト上駅1.5km、月山山頂1.5kmの標柱があります。


紅葉と岩の山肌

13:48 登山道11

前方にリフト上駅が望めます。
14:13 登山道12

南方向の眺望があります。
14:33 登山道13

Gassanの水場です。
14:41 登山道14

雄宝清水です。
14:56 登山道15
15:06 登り口

無事に姥沢駐車場へ戻りました。

ガスで眺望がありませんでしたが、時折ガスが晴れて、紅葉と緑の絨毯の山肌が映えて楽しく歩けました。
 
明日は山形蔵王山を歩くため、山形蔵王温泉へ向かいました。
山形蔵王温泉 吉田屋旅館

17時頃旅館に着き汗を流しました。

明日は蔵王山の山歩きです。

                                                               このページのトップへ