2014. 5. 8山行
普門寺・神石山登り口
   標高 324m 歩行時間 35分

 
普門寺・神石山自然歩道支線は、普門寺から神石山までの約35分のコースです。
途中、経塚や薬師岩等があります。
普門寺旧境内ウォーキングコースが設定されています。

普門寺の創立は、遠く奈良時代にさかのぼり、全国に仏法を広めるため各地をまわられた行基菩薩が船形山に登られ、眺望のすばらしさに霊気を感じ、観音さまのあらたかなお告げに接し、聖観音立像を自ら刻み聖武天皇のお言葉もたまわって普門寺が建設されました。神亀4年(727年)のことと「三州船形山普門寺略縁起」に記されていると云われています。

当サイトは、普門寺の駐車場からのコースを紹介しています。
神石山から本線の山歩きはこちらのページへ。
旧版のこちらのページも参考にしてください。
 




登り口 

普門寺の駐車場から神石山を目指します。
  客殿

鐘桜門を通り、客殿の奥へ歩きます。
  支線1 

道標モ1に従い歩きます。
  支線2 

道標モ2に従い歩きます。
  支線3 

道標(番号不明)に従い歩きます。
  支線4 

道標モ3-2に従い歩きます。
  支線5 

元堂址分岐です。

道標モ4、モ5に従い歩きます。
  散策道1 

坊院群です。
  元堂址 

東谷の本堂跡で、平安時代末期(12世紀)に造成されたと云われています。
  支線6 

道標モ6に従い歩きます。
  支線7  

道標モ7に従い歩きます。

東側に薬師岩、人口の立岩があります。
(里山歩きのアングルを参照)
  経塚 

岩の裂け目を利用して経塚が営まれていました。経塚とは、末法の世に仏の教えを伝えるため、平安時代末期(12世紀)に盛んに経典を埋めた塚のこと。
  支線8 

道標モ8に従い歩きます。
  支線9  

道標モ9に従い歩きます。
  支線10  

道標モ10、モ11、モ12に従い歩きます。
  支線11

道標モ13に従い歩きます。
  神石山

本線に出合います。

北に歩くと多米峠、南に歩くと東山です。
 
     
   
里山歩きのアングル
 
薬師岩




人口の立岩




 
 
    
                                               このページのトップへ