概要
 藤原岳(ふじわらだけ)は鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界に位置し、標高1,144mです。鈴鹿山脈の北部に位置し、日本三百名山及び花の百名山に選定されています。
 中部の秋吉台とも呼ばれ、ドリーネやカレンフェルトが点在するカルスト地形の山として知られています。

 今回の山行きは、御在所SAで車中泊し、藤原岳登山口休憩所から表道(大貝戸道)で藤原岳、天狗岩(てんぐいわ標高1,171m)、頭陀ケ平(ずがだいら標高1,143.4m)を周回してきました。

     ※藤原岳登山口休憩所の駐車場が満車の場合は、観光駐車場へ

山行き日
 2012年5月18日〜19日



                           登山コース  コース縦断

                  藤原岳ビデオ(ISDN)  藤原岳ビデオ(BrodBand)

    
 60枚の写真をスライドショウ

登り口を地図で示します



御在所SA

自宅を14時頃出発、岡崎ICで東名高速道路に入り、伊勢湾岸道路で途中の刈谷SAで休憩して16時40分頃到着して車中泊しました。

翌日、4時40分出発して藤原岳登山口休憩所の駐車場に5時30分頃着きました。車が2台駐車していました。
6:10 登り口

藤原岳登山口休憩所から表道(大貝戸道)で藤原岳を目指します。

ヤマビルの季節に入ったため、虫よけスプレーで防護し、食塩を持っての山歩きでした。

6:11 鳥居

神武神社の鳥居の表道(大貝戸道)の登山口から登ります。
6:31 二合目

急登していきます。
6:42 三合目

植林帯を急登していきます。

6:54 四合目

樹林帯を急登していきます。

7:04 五合目

樹林帯を急登していきます。
7:18 六合目

植林地帯を急登していきます。
7:28 七合目

崩落個所の山道を歩きます。

7:43 八合目

明るく、休憩に適しています。

聖宝寺道が堰堤工事中のため、平成25年3月末まで全面通行止めの案内があります。

8:04 九合目

石場の急登の山道です。
8:32 藤原山荘

避難小屋となっています。

登り口から2時間10分程です。

藤原岳を目指して南へ歩きます。
藤原岳を望む

藤原山荘から南方向を望みます。


8:54 藤原岳山頂

ゆるやかな山道を歩き、藤原山荘から20分程です。

鈴鹿の山々が眺望できます。

折り返して、藤原山荘経由して天狗岩を目指します。


眺望(鈴鹿市方面を望む)

9:35 山道1

カレンフェルトのプロムナードです。
9:45 山道2

苔むすカレンフェルトのプロムナードです。
9:46 山道3

歩き易い山道です。
9:56 山道4

コバイケイソウの山道です。

10:04 天狗岩

藤原岳山頂から1時間程です。

眺望があります。

北方向に、尾根沿いに頭陀ケ平を目指します。

天狗岩

石灰岩の岩峰です。
10:32 山道5

ゆるやかなアップ、ダウンの山道です。
10:50 頭陀ケ平山頂

天狗岩から40分程です。

三角点と鉄塔があります。

帰路は山道に沿い、分岐経由で藤原山荘を目指します。

眺望

北東方面の眺望があります。伊吹山も望めます。
12:01 分岐

標識があります。
12:25 藤原山荘

頭陀ケ平山頂から50分程です。

登り口へ1時間50分程です。

麓から鈴鹿山系を望む

登山口に14時30分頃着きました。

福寿草の季節は過ぎましたが、緑の中にドリーネやカレンフェルトが点在し、頭陀ケ平山頂下でエアコンでは味合えない気持ちの良いそよ風の下での弁当は格別でした。

ヤマビルにも遭わず、鈴鹿の山を楽しく歩けました。

阿下喜温泉あじさいの里

汗を流して、湾岸桑名ICから高速道路に入り、途中の刈谷SAで夕食を食べ、音羽蒲郡ICで下り、19時頃無事自宅に着きました。

   総運転距離 247.5km
   

                                                               このページのトップへ