概要
 富士山は日本一高い山(標高3776m)で、多くの人達が登山しています。古くから信仰の山として崇められてきた富士山が現在の形になったのは、約1万年前と言われており、山頂を目指す人は年間20万人以上で登山客の3割が外国人と言われております。
 今回、バス一泊ツアーで、吉田口登山道からご来光に間に合うよう、8合目の山小屋で仮眠して登頂しました。天候もよくご来光を見ることができました。この日に皇太子様も初登頂されたと報道されていました。登山の最高年齢は103才、最小年齢は3才とガイドさんが言っていました。翌日にはヒョウが降って初冠雪があり、雷で52才の方が亡くなられたとの報道もありました。

山行き日
 2008年8月7日〜8日



                           登山コース  コース縦断

    
52枚の写真をスライドショウします。


 8月7日10時7分、東名高速道路・富士川SSから富士山を望むが、雲に隠れている。







 13時5分 スバルライン5合目、バスはここまで、バスを降り、高山の気圧に慣れるため30分程小休止。










 13時52分 ガイドさんから登山レクチャー。











 13時54分 登山開始、夏休みで登山シーズンのため多くの人達が登山していました。













 14時5分 御中道を歩く。














 14時8分 富士登山道・吉田口へ。














 14時23分 6合目の手前から下方を望む。下界では、雷鳴がしていました。













 14時41分 6合目から7号目へ。





 15時55分 7合目の手前。7合目の山小屋が目に入る。最初の山小屋は「花小屋」。
 16時3分 7合目へ向かう岩場。
 16時22分 7合目山小屋から見下ろす。雄大な景色です。
 16時45分 7合目の5番目の山小屋「富士一館」。
 16時45分 7合目山小屋から見下ろす。遠方は、雲で眺望出来なっかった。
 17時15分 7合目最上山小屋へ。
 17時28分 8合目の山小屋へ向けて。


 17時29分 8合目へ向かう途中で。
 17時49分 標高3000mから見下ろす。
 17時49分 8合目山小屋手前。
 17時53分 8合目山小屋から見下ろす。
 18時33分 8合目の岩場。
 18時40分 8合目岩場から見下ろす。
 19時1分 8合目上から見下ろす。陽も沈み、麓では灯りがともっている。

 19時22分 8合目「白雲荘」山小屋。完全に陽が沈み、山小屋の灯りが光っていました。
 19時43分 本8合目から見下ろす。
 20時18分 宿泊山小屋から見下ろす。
20時18分 宿泊山小屋・8合目「富士ホテル」。登山開始から6時間24分、到着しました。
 20時31分 夕食、ハンバーグ、ソーセージ入りのカレーライスでした。美味しかったです。
 20時50分 山小屋で仮眠、21時消灯、寝袋と毛布1枚、狭くて、隣人の動きやイビキ等で眠れなかったです。

8日 1時起床、1時30分 山頂を目指す。山道は、数珠つなぎでした。

 4時27分 山頂でご来光を待つ人達。山道が混んでいたので予定より1時間程遅く山頂に着きました。

 4時49分 ご来光。すばらしい光景でした。登山してきた疲れも癒されました。

 5時28分 下山開始。9時に無事5合目の出発場所に戻りました。

 今回のツァーは、21人で登山しましたが、2名の方が8合目でリタイヤしました。

                                                               このページのトップへ
登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望