*
西の覗きから長興寺山を望む
   2010. 2.28山行

1 衣笠山(きぬがさやま)、滝頭山(たきがしらやま)、長興寺山(ちょうこうじやま)、藤尾山(ふじおやま)の概要
  衣笠山(標高:278.4m)、滝頭山(標高:256m)、長興寺山(標高242.0m)、藤尾山(標高:207.7m)は、渥美半島のほぼ中央の田原市に位置しており、地質学上は、赤石山脈の支脈南端に位置すると言われています。これらの山は、衣笠自然歩道で結ばれ、標高こそ低いが、太平洋と三河湾が一度に展望でき、また、空気が澄んでおれば御嶽山や富士山が眺望出来ます。温暖な気候に恵まれ冬でも快適な山歩きが楽しめます。
  当サイトは、滝頭公園から4つの山を反時計回りに周回し、南の覗き、北の覗き、西の覗き、滝頭不動滝等を巡り、急下りの遊歩道や急登な山歩き等を楽しめる健脚者向けのコースを紹介しています。

  ・衣笠山登山口から衣笠山、滝頭山、藤尾山、稲荷山巡りは、こちらのページへ




    
75枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 


2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。東名高速道路豊川ICから国道151号、県道388号、県道2号、市道で50分程です。登り口は、滝頭公園の入口です。駐車は滝頭公園駐車場です。


(2)登り口〜衣笠山山頂、滝頭山山頂、長興寺山頂、藤尾山山頂〜登り口
  登り口から北へ市道を10分程歩きますと衣笠山登山口(遊歩道入口)に着きます。遊歩道を20分程歩きますと衣笠山への山道があります。5分程歩きますと松尾岩があります。さらに2、3分歩きますと稲荷山や太平洋が眺望出来る南の覗きに着きます。12、3分程登りますと衣笠山山頂に着きます。登り口から50分程です。山頂には田原村二等三角点があり、田原神社奥社が祀られ、北方面に三河湾、知多半島が眺望出来ます。
  滝頭山を目指して南へ急下りします。滝頭山を望める遊歩道を歩き、20分程歩きますと仁崎峠に着きます。階段を登り、急登しますと20分程で北の覗きに着きます。北方面に三河湾が望めます。2、3分歩きますと滝頭山山頂です。衣笠山から45分程です。東方面の眺望があります。
  長興寺山を目指して、西へ5分程尾根道を歩きますと中西山に着きます。さらに4、5分歩きますと山道分岐に着きます。直進して7、8分歩きますと林道に出合ます。右方向に林道を歩きますと直に林道分岐に着きます。右方向に林道を5分程歩きますと長興寺山山頂です。滝頭山から25分程です。眺望はありません。電波塔と長興寺山四等三角点があります。山歩きした日は、白色の椿が群生していました。
  藤尾山を目指して往路を山道分岐まで12、3分で戻ります。右折して5分程で長興寺山や太平洋が望める西の覗きに着きます。さらに13、4分歩きますと三ツ俣に着きます。右方向に7,8分歩きますと藤尾山山頂です。長興寺山から40分程です。間近に太平洋が眺望できます。大久保村三等三角点があります。
  登り口を目指して、往路を三ツ俣まで10分程で戻り、右折して12、3分で古道・担道に着きます。15分程下りますと滝頭不動滝に着きます。さらに5分程下りますと二の滝に着きます。遊歩道を瀧頭不動前を通って25分程で登り口に戻ります。藤尾山から1時間余です。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 衣笠山登山口 衣笠山へ 松尾岩 南の覗き 衣笠山 急下り 滝頭山を望む 仁崎峠 急登 北の覗き 滝頭山 中西山 山道分岐 林道出合 林道分岐 長興寺山 白色椿の群生 西の覗き 三ツ俣 藤尾山 眺望 古道・担道 滝頭不動滝 二の滝 滝頭不動 登山口 ゲート 林道終点 すすき山道 岩岳分岐山道 山頂 眺望