概要

 富士見台は長野県阿智村と岐阜県中津川市の境界、中央アルプスの南端恵那山系にある標高1739mの山で、一面に千島笹の生い茂った高原です。
 富士見台という地名から霊峰富士が見えるかと思われますが、ここから眺めることはできません。富士見台は昔、山伏岳と呼ばれていましたが、明治初年富士教信者が富士遥拝所をここに設けてから富士見台と称するようになったと言われています。
 山頂からは、恵那山、北アルプス、南アルプス、中央アルプスの360°の大パノラマが楽しめます。

 今回の山行きは、夏休みの孫たちと「ロープウェイ」、「リフト」、「高原バス」を乗り継いで、萬岳荘(ばんがくそう)から山頂を目指しました。

山行き日

 2013年8月22日

                              
           登山コース   コース縦断   眺望ビデオ(ISDN)  眺望ビデオ(BrodBand)

 
    
56枚の写真をスライドショウ)

登り口を地図で示します


 

ヘブンスそのはら ロープウェイ山麓駅

自宅を6時頃出発、東名高速道路「音羽蒲郡」ICに入り、東海環状道路経由、中央高速道路の恵那峡SAで朝食し、園原ICで下り、9時頃ロープウェイ山麓駅の駐車に着き、9時15分頃ロープウェイに乗りました。


ロープウェイ

全長2,500m 、高低差600m、所要時間約10分
ペアリフト

所要時間約5分
展望リフト

所要時間約5分

高原バス停

展望リフトを下りると直ぐです。

10時発のバスに乗りました。

高原道路

狭い道路です。

10:15 登り口

萬岳荘バス停に10時13分頃着き、登山口から山頂を目指しました。
10:25 山道1

遊歩道となっています。

10:26 山道2

千島笹の生い茂った高原道路です。



山道2から恵那山方面を望む。

10:30 神坂小屋

トイレがあります。

10:40 山道3

山頂手前です。
10:47 山頂

30分程で山頂です。

標識と案内板があります。

360°の大パノラマが楽しめます。

下山は往路を戻ります。




山頂から南アルプスを望む。



山頂から中津川市方面を望む。

萬岳荘

12時頃下山し、12時30分発のバスで山麓駅に向かいました。

気温24度程のさわやかな風に吹かれて、高原歩きを満喫してきました。

昼神温泉で汗を流し、途中夕食をして19時頃無事帰宅しました。


                総運転距離 325km
   

                                                               このページのトップへ